サゴシと冬瓜と南瓜

Tさんからサゴシを頂いた
鰆の50cmより小さいものをサゴシという

2サゴシ919
鰆・サゴシは身がほぐれやすいので
焼くのが定番らしい

4サゴシ919
ネットで探したら
「鰆の味噌マヨネーズ焼き」があったので作った
旨かった

おいしい煮付けが食べたいがボロボロになるだろうか

冬瓜の吉野煮
隣のYさんから大きな冬瓜をもらいました
DSC04614.jpg
4.4kgありました

DSC04615.jpg
3軒分作っておすそ分け
冬瓜8人分2kg、豚肉300g使いました

DSC04617.jpg
冬瓜の吉野煮
お隣のYさん宅に2人分持って行きました

大阪あべの辻調理師専門学校 日本料理の教授
よく恵美子のおしゃべりクッキングに出ていました
                     ↓
冬瓜の吉野煮

同期のYOさんから珍しい形の南瓜を貰った
DSC04631.jpg
肉の部分が薄く、ワタの部分が大きくて
大きさの割に軽かった

DSC04634.jpg
肉が薄くて柔らかいので
時間も短く、煮汁もかなり余ったが
作った本人のYOさんが「これは旨い」といった

南瓜の甘露煮

DSC04644.jpg
    ↑南瓜をくれた人
「冬瓜の吉野煮」と「南瓜の甘露煮」で同期会の反省会をした
美味しいと言って完食してくれた

DSC04646.jpg
片目も入り、これにて1件落着
目の前に置き、毎日頭を撫でています。

高校の同期会

傘寿記念同期会

2同期会1002
早速だるまに目玉入れと氏名と日付の記入

川崎 (2)
大阪から家族で墓参りを兼ねて参加
お嬢さんに連れてきてもらいました

村井 (6)

八十だから・・・

・日にちを間違えてドタキャンが1名
・大阪に鍵を持って帰った1名
・体調不良で帰宅1名
・宴会の開始時間を忘れて入浴中2名


これだから八十まで生きられるのだ

4同期会1002
葛飾北斎の七福神のランチョンマット

ホテルからのサービスで祝い皿が
「紅白なます」が金塗の器で出た
季節がら、「紅白菊花なます」であれは最高だったが

雪舟の水墨画

雪舟の行方不明の水墨画を
84年ぶりに山口県立美術館が発見した

2雪舟919
作品は「倣夏珪山水図」です
倣夏珪(ほうかけい)とは
「夏珪さん流で絵を描いた」という意味です

4雪舟919
雪舟が中国に留学し中国の人に
「夏珪風の絵もかけるよ」
だから「雪舟に絵を注文して」というちらしのようなもの

8牧童河を渡る雪舟これは
雪舟が李唐が描いた「牧牛図」の絵を模写したものを
くんざんがそれを模写したもの


10雪舟919これも同上です


この絵は

雪舟が中国で
李唐の絵「牧牛図」を模して描いたものを
平成19年5月に
くんざんが模写したものですと
書いてあります

そして2015年(平成27年)に写真を撮ってブログにアップしたものと解ります

くんざんの日曜日

メダカが日向ぼっこを始める

DSC04622.jpg
水槽の温度 16℃
メダカはクレクレダンスをしなくなり、餌も残すようになり
動きが鈍くなった

昼は28℃の夏で夜には20℃の晩秋が来たようだ
全く天気が分からない
そんな中ババさんが袖無しを買ってくれたので着てみた

2くんざんの日曜日924
座椅子を反対にして
腰座布団を間に入れて背もたれに
その隙間をくんざん専用の物置ができた
テレビのヘッドホーンを当てている
テレビはお宝鑑定団

DSC04604.jpg
日曜日はくんざんも忙しい
 ・7:00~ 所さんの目がテン
 ・8:00~ サンデーモーニングのスポーツ
 ・12:00~開運!なんでも鑑定団
 ・13:00~新婚さんいらっしゃい
 ・18:00~おんな城主直虎

テレビを見ながら「掘りごたつぼっこ」をしている

車が最徐行

我が家の前の4m道路を歩いていると

タイヤが砂利を踏む音がして
後ろから車が来るのが分かる

2秒後・・・・そろそろ車が通るぞ

4秒後・・・まだ通らない

後ろを振り返るとダンゴムシのように最徐行で来ていた

2車が最徐行920
くんざんはそんなにヨタヨタして歩いているか
朝日で確認してみた
あまり横揺れは無いが
危険を感じる動きがあるのだろう

かなり寂しい気がするが

運転者のマナーに感謝すべきだろうか

プロフィール

くんざん

Author:くんざん
FC2ブログへようこそ!
 料理・水墨画・表装・DIYに挑戦しています。
山陽小野田市の旧跡を尋ねるウオーキングを始めました
傘寿を迎えてもうひと頑張り、♂です

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR