FC2ブログ

ぴんころ神社


ぴんぴんころりの原点

當嶋八幡宮
當嶋八幡宮

階段の両側がピンコロ
階段の両側の法面にピンコロが貼られているので
くんざんがぴんころ神社と名付けた

御神木のクロガネモチの木
境内には御神木のクロガネモチの木がある

ヤブツバキの林
杜全体がヤブツバキ

芭蕉の句碑
芭蕉の句がある
「夏来てもなお一つ葉の一つかな」
昔、この地方で俳句が盛んに詠まれた文化の高さもしのばれる

有帆川大橋
ぴんころ神社の側に有帆川大橋ができたので便利になった

DSC02833.jpg
薮椿はなぜか飽きない

ぴんころWALKING in おのだ 第20歩

暖かくなったので久しぶりにぴんころWALKINGに出た

二日前の3月5日(日曜日)に水仙まつりがあった縄地鼻公園
公園の下は海、昔はあさりが沢山取れていた
最近は全く採れない
魚の「えい」が食べるというが
広い面積のあさりを全て食い尽くすことが出来るだろうか


気温:8℃
出発:10:00
万歩計:12,481歩

DSC00329.jpg
祭りが済んだ2日後に訪れた

DSC00323.jpg
満開を少し過ぎていた

DSC00325.jpg
東屋が一棟と炊飯用の釜が2基あった

DSC00324.jpg
祭りを賑わした俳句

DSC00326.jpg
結構梅の木が多い

DSC00331.jpg
中央とおぼしき部分には何もない
ちょっと物足りないが、目的が歩くことだから・・・

ぴんころ WALKING in おのだ 第17歩

タイトルを「ぴんころWALKING」にしようか
「花見のはしご」か迷った

DSC09184.jpg
午前中の早めに竜王山公園へ
蓬を摘みながら桜を見た


DSC09191.jpg
きつい法面でバケツ一杯も摘んだ
3kgも摘んだ
蓬餅と煎じ薬に(今時?と言って、皆んな笑っているだろう)


夕刻は若山公園
夜桜とWALKINGを一緒にした
毎日歩いているお二人について行った

出発 18:00
帰着 20:15
往復 3.5km
万歩計 7000歩


午前10時からイベントが行われ
今はひっそりしている
ほっかほか弁当とビールを持って見に来た


DSC09230.jpg
ぼちぼちと集まりだした


DSC09231.jpg
七分咲き


ぴんころ12
毎夕 10000歩のお二人

帰りは
道すがらの夜桜を

ぴんころ403
公園の入口


ぴんころ404
セメント倶楽部の夜桜


DSC09240.jpg
昔々の75年前!、くんざんも通っていた幼稚園の夜桜

ぴんころ WALKING in おのだ 第16歩

水仙が満開の縄地公園

平成28年1月16日
出発 9:30
気温 7℃
万歩計 9,350歩
往復の距離 約6km

DSC08045.jpg
木陰に咲いているので陽が差す方向に全員が顔を向けているのが可愛い

DSC08058.jpg


DSC08039.jpg
昔の海底の生物が岩になったとか

DSC08041.jpg
散策道の脇にも


DSC08043.jpg
水のはけ口が無い不思議な窪地


DSC08047.jpg
工場地帯が微かに

DSC08049.jpg
ノビルが一面に


DSC08051.jpg
石蕗の花殻


DSC08052.jpg
なぜかユーカリの木が


DSC08054.jpg
何かわからない木、説明が一切ないのでわからない


DSC08055.jpg
火床

DSC08056.jpg
梅が結構あるがまだつぼみ


DSC08038.jpg
民間の墓地が見下ろしている


DSC08059.jpg
お墓のマンションがあった


DSC08036.jpg
元祖ぴんころ八幡宮に初詣


ぴんころ WALKING in おのだ 第15歩

梅田の磨崖仏と熊野神社

何かと不精して歩いていなかったので遠出した

10kmを超えるので往きは奥様の車に乗り熊野神社の駐車場まで楽チンした

復りを本番とした

平成27年12月19日
熊野神社駐車場発 10:20発  気温 11.9℃
距離           10km
帰着時間       13:30    気温 14.0℃
万歩計         18,315歩
久しぶりで大変疲れた、下りなのに

2 磨崖仏DSC07756
熊野神社の駐車場にに到着
昨年に新築されたピッカピッかの社


4 磨崖仏DSC07753
いろいろとお願いをして


6 磨崖仏DSC07711
旧本殿の側を通って


10 磨崖仏DSC07713
九重の滝の音を聞きながら右手を登る
名水の取水口がある


11むすびの大橋DSC07743
むすびの大橋を渡って


16 お稲荷さんDSC07718
途中の稲荷大明に詣って


18 地蔵さんDSC07721
お地蔵さんに詣って


20 雰囲気DSC07722
巨岩の間を登って


22 磨崖仏
梅田の磨崖仏


DSC07729.jpg
花崗岩に浮き彫りされた
70cmの蓮弁の台座の上に見事な全長3.16mの聖観音像
古代説、昭和説があり未だに解決していない
古代の彫り物であろうと近代のものであろうと
これだけ立派な磨崖仏を手入れをしないのは
関係者の怠慢
昨夜もこの磨崖仏の真下にも猪がきてミミズを掘っている


26 祠DSC07738
博打岩と呼ばれる巨岩の奥にも祠が


30手を洗うDSC07750
山を降りて再び熊野神社の本殿に
人が近づくとセンサーで勢いよく水が出る



帰路の風景
有帆川の土手を歩きながら帰る
32鵜DSC07767
鵜が羽を乾かしながら泳いでいる
鵜は一旦潜るとどこに浮き上がるか予測ができない


34 シジミ採りDSC07770
シジミ採りのおじさん
遠くから見ると2kgくらい採っていた


36 白さぎDSC07775
白鷺


43 枇杷の花DSC07780
琵琶の花は冬に咲く
もうすぐ満開になる


46 ざくろDSC07781
柘榴の実


48 ピラカンサすDSC07785
ピラカンサス
昔はヒヨが来てよく食べていたが
ピラカンサスは刺があり、あまり手入れがされていないことが多い


52 栗DSC07791
今時なぜ、栗が


54 おしどりDSC07789
おしどりのつがい
チョット倦怠期か


60 デコポンDSC07794
我が家の近くに「デコポン」が実っている庭があった

有帆川の土手を歩くと癒される
上流には曹洞宗の岩崎寺」、「別府八幡宮や今回の、「熊野神社」と「磨崖仏」がある
春秋にも素晴らしいコース

プロフィール

くんざん

Author:くんざん
FC2ブログへようこそ!
 料理・水墨画・表装・DIYに挑戦しています。
山陽小野田市の旧跡を尋ねるウオーキングを始めました
傘寿を迎えてもうひと頑張り、♂です

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR