FC2ブログ

HUJIHIRO画廊


2019/3/22
葛飾北斎の三女の応為(お栄)の美人図が届いた

中太、極太で描く金襴緞子から覗く極細の肌は
版画とは全く別の艶めかしさを感じる

ネットで見つけることができないこの美人図を
HUJIHIRO画伯はどこで見つけたのだろう

2葛飾応為
4葛飾お栄2
6葛飾お栄3

NHK特集ドラマ「くらら」で応為は半生が紹介された
北斎の娘天才絵師「応為」と紹介されている
10北斎の三女お栄20190329

代表的な絵が「吉原格子先之図」
8葛飾お栄 吉原格子先の図20190329

北斎は最後に富嶽三十六景を描いて無くなった
応為は最後まで傍にいたので
ひょっとすると「神奈川沖波裏」にも応為の筆が加えてあるかもしれない
富嶽三十六景神奈川沖波裏20190401


武蔵・小次郎像
12巌流島20190329
HUJIHIROさんの友人が外国に行った時に挨拶がわりに差し上げるつもりで頼まれた作品
上の美人図も喜ばれると思います

14巌流島20190329
巌流島(昔は舟島)は
本州西の最先端の彦島にある三菱重工業下関造船所のすぐ前にある



連絡船が下関側、門司側から出ている



2019/1/1
明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願いします

久しぶりにHUJIHIROさんから写真が届きましたので
HUJIHIRO画廊を開きます

正月に相応しい威風堂々 岩国城が届きました
いつもは錦帯橋がメインに撮影され上部片隅にちょこんと座っていますが
今日は力強い岩国城をお届けします

岩国城20181229
images[7]
岩国城はいつも錦帯橋の上に小さくチョコンと写っている

山口市香山公園の枕流亭
慶応3年9月、薩摩藩の重臣小松帯刀や西郷隆盛が山口に入り、安部助方の枕流亭の2階で会見し倒幕軍の結成を誓った場所
枕流亭20181229
images[3]
「西郷どん」の舞台を巡る貸切バスの旅があり
ー枕流亭ーが見れる






2017/11/30
昔の仕事仲間
HUJIHIROさんから2枚届きました

500年ぶりに発見されました雪舟の水墨画です
くんざんは写真を載せましたが
HUJIHIROさんからは手描きが届きました
藤井画廊20171201の1しっかりと彩色された山水図が送られてきました
初めて見る鮮やかな水墨画の世界です

小舟の中の老人2人は何を話しているのでしょう
日馬富士の話?
いや、きっと即位改元の話でしょう



藤井画廊20171201の2
さいとうたかをの鬼平犯科帳です
HUJIHIROさんは長谷川平蔵を
何歳の頃に戻って描いているのでしょう
絵を見ると元気が出ます
負けずに描かなきゃと思います

思い出す
くんざんの高校時代は
山手樹一郎の時代小説ばかり読んでいました





2017/6/16
HUJIHIROさんから新しい絵2枚が届きました

作者のHUJIHIROさんのお住まいは周南市なのに
山陰に何か強い思い出があるのでしょうか
ここに掲示した9つの作品のうち
6つの作品が山陰です

藍場川
「萩市の藍場川」
右上の鉄格子が2本曲がっているのも面白いです

萩市に3年おりましたので何度も歩いています
大変懐かしい絵です
いつも大きな鯉が沢山泳いでいましたが
今日は川面が光っているので鯉は留守のようです

藍場川2
藍場川の写真、市のHPからお借りしました


山口県長門市にあります
元之隅稲荷神社
「元之隅稲成神社」
海が荒れているので冬の景色でしょうか
きっと山陰独特の黒い雲が垂れこめているのでしょう

アメリカのニュース専門放送局CNNが「日本の最も美しい31選」に選んだ

元乃隅稲成神社_01[1]
画像は山口ちゃんねるから借りました

maxresdefault[1]
123本ある鳥居の先に「竜宮の潮吹き」がある
北風の強い冬が圧巻です

元乃隅稲成神社_06[1]
鳥居の上に小さな賽銭箱がある
高いのでめったに入りません
その代わり入ればメッチャご利益が大きいとか

ここの稲成神社のイナリは「稲荷」ではなく「稲成」です


JR西日本の「トワイライトエキスプレス瑞風」が6月17日走り出した
以来、各テレビ局の瑞風に関するニュースは
この鉄橋の上を走る瑞風ばかりです
この「JR惣郷鉄橋」の偉大さを知りました
HUJIHIROさんの風景に対する嗅覚は凄い

2017/5/9
JR惣郷鉄橋「惣郷川橋梁」
左は日本海
阿武町の山陰線須佐駅と宇田郷駅の中間にある
6月から運行する「瑞風」もここを通るので
名所になりそう

5月6日「開運なんでも鑑定団in阿武」の再放送があった
やはり阿武を代表するものとしてこの惣郷川橋梁が放映された

Google Earth でこの惣郷川橋梁を見ると殆ど同じ画像が出てくる
ところが撮影点が5~6mほど高いところから撮っているので
全面少しずつ違っているのがなんともすごい
電車が鉄橋のど真ん中に通っている
海の潮も引いている
きっとここに拘って2~3日通われたのだろう

こんな橋脚も見たことがない

転落防止柵の横棒の2本の線が、下が太い線で描いているのを見つけた
感動する



防府天満宮防府天満宮

昨年
昔の仕事仲間の集まりでHUJIHIROさんの作品を見せてもらった
「さいとうたかを」が描いた「ゴルゴ13」の原画と思ったが
手書きの模写だった



ゴルゴ13



一方これもHUJIHIROさんの作品です

藤井画伯下関下関市の夢タワーから見た関門海峡です
よく見るとビル1棟ごとに遠近法が成立している

関門橋の先に満珠・干珠の島が見え
その先に住んでいる山陽小野田市の竜王山がかすかに描いてある
故郷に帰った気がする

左上隅に火の山の回転展望台がある
学生時代の友人達が3時間も海峡と行き交う船を見て動かなかった


HUJIHIROさんの説明によると

・A4サイズのケント紙に、鉛筆で下書きしたものに、黒ペンやGペンで墨入れをする
(ちなみに私が頂いているのはハガキサイズです)

カートリッジ式黒ペン
  カートリッジ式黒ペン

Gペン
gペン
・完成には40時間かかる
・作品は現地に出向いて自ら撮影したものに限る
・風景は山口県内に限り、郷土愛を伝えたい
・一つの構造物でも午前・午後で太陽光や影の向きが異なり時間がかかる
・船や電車、車の通過は構図としてのタイミングを待つ時間と辛抱が必要

物凄い集中力とエネルギーが無ければ描けない


藤井画伯金子みすゞ長門市 金子みすず記念館


藤井画伯毛利庭園防府市の毛利庭園

このペンで描かれている絵はネットで沢山見ることが出来るが
これほどカチッと描かれている絵は見当たらない
新しいジャンルの絵だ
なんという画法だろうか

「HUJIHIRO画法」かな?


角島大橋角島大橋

DSC08693.jpg
2007/9の写真

毛利庭園長府庭園
見てみて
瓦屋根の下の銅板(たぶん)の庇を
線の間隔だけで色が表現されている!!!

ブログやホームページに上げてはとお願いをしているが
もう少し作品を描いてからと
それまでここで「HIJIHIRO画廊」として披露させていただきます
スポンサーサイト



コメント

完璧以上

お早うございます。
素晴らしい墨絵の数々…ですね。
遠近法が決まっていて、一ミリの誤差ない画法に感嘆します。
古今東西の浮世絵の遠近法と重なりました。。

時々こういう絵を描く作品に出会うときがありますが、その
緻密さと絵を描く根気に感服します。

Re: 完璧以上

> お早うございます。
> 素晴らしい墨絵の数々…ですね。
> 遠近法が決まっていて、一ミリの誤差ない画法に感嘆します。
> 古今東西の浮世絵の遠近法と重なりました。。
>
> 時々こういう絵を描く作品に出会うときがありますが、その
> 緻密さと絵を描く根気に感服します。


本当に緻密さと根気で描く素晴らしい絵ですね
私は水墨画、日本画、版画、表層とちょっかいを出していますが
このHUJIHIROさんの絵だけは最初から手が出ないと思いました
ご自分が描く構図になるまで2日も3日もカメラを構えるそうです
最初は奥さんも撮影に付き合っていましたが・・・
すごい作品です
でも、エネルギーの合計としてははなこさんも物凄いですよ

No title

今晩は。
凄い!素晴らしい!しか言いようがないです。
絵は好きですが、詳しい知識や評論は出来ませんが、他の作品も見てみたいとおみました。
この根気と綿密さは私には出来ません。
だからこそ
素晴らしいと思いました。

No title

こんにちは
大根、負担になってないですか
忙しいときに変なもの送ってしまって。
楽しんでもらえれば何よりです。

西の日本海側って海に向かった神社が多い気がします。関東から東のほうでは海沿いの鳥居はいくつかあるようですが水平線に開いた鳥居はあまり見ません。やっぱりこれって少彦名が国造りでやってきた常世の国の道しるべなんですかね。

謹賀新年

あけましておめでとうございます

「HUJIHIRO画法」、素晴らしいです
僕は絵が全く書けないので、絵が上手い人が羨ましく尊敬します
モノクロの世界もいいですね

幸せの多い一年でありますよう願っております
本年も宜しくお願いします

Re: kotobukiさん明けましておめでとうございます

> あけましておめでとうございます
>
> 「HUJIHIRO画法」、素晴らしいです
> 僕は絵が全く書けないので、絵が上手い人が羨ましく尊敬します
> モノクロの世界もいいですね
>
> 幸せの多い一年でありますよう願っております
> 本年も宜しくお願いします


今年もよろしくお願いいたします
今年もいろいろと教えてください

非公開コメント

プロフィール

くんざん

Author:くんざん
FC2ブログへようこそ!
 料理・水墨画・表装・DIYに挑戦しています。
山陽小野田市の旧跡を尋ねるウオーキングを始めました
傘寿を迎えてもうひと頑張り、♂です

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR