FC2ブログ

加齢臭なんて名前をつけて


花の香りは洗剤や石鹸からくる
あの強い香りではありません

ババさんのバラが庭中満開の時でも
1本の夜香木の香りでかき消される
爽やかな夏みかんの花の香りですら
バラの花の香りを消してしまう

ジジさんは脂性ではありません
汗をかいたら自分で風呂を沸かして入っている

肌着は毎日替えているし、いや脱がされている
歯槽膿漏もないし、いやちょっとある
にんにくは食べないし
タバコも吸わないし
タバコを吸いたての若者が側を通ると今吸ったなとわかるし

庭の雑草の香りもわかる
3食は一汁一菜~二菜で静かな食事をしている
どこから匂いが出るのか

脱いだ下着やパジャマはそのまま洗濯機へ
家中ラベンダーやどくだみがやたらと吊るされている

「加齢臭」という言葉は気に食わない
老人臭なら多少わかるが
加齢臭と名付けるのはやりすぎだ
石鹸はおろか洗剤まで香料を入れいる
衣服まで香料を含ませている
仕事中の円管服(つなぎ)からも香りがするが
仕事中は汗の臭いの方が馬力が出る

女も男も強烈な香りに包まれ
発情臭まで殺してしまい
メスやオスの匂いがしない

昔から化学物質は体に入れるなと言われている
DNAを次に受け継ぐ若者が香料の世界の中にいるようだ

昔のように清潔さを連想させる固形石鹸の香りが好きだ


むかし、神様が発情期の回数を決めるために動物を集めた
初めに元気のいいねずみが前に出た
ねずみ:「神様、何回頂けるのでしょうか」
神様:「お前は、年に12回だ」
続いて牛が
牛:「何回頂けるのでしょうか
神様:「お前は、年に2回だ」
牛:なにィ、あんな小さいねずみが12回で、なんで俺が2回だ?
 と暴れて神様の衣を汚した
機嫌の悪い神の前に恐る恐る出た人間は
人間:「あのー 何回頂けるのでしょか」
神様:「勝手にせい!」

幸運にも「年中発情期」になったのだから
大事にしなければ






スポンサーサイト



コメント

おはようございます

神様:「勝手にせい!」
安心しました
やっぱり 人間は自由なんですね

Re: おはようございます

> 神様:「勝手にせい!」
> 安心しました
> やっぱり 人間は自由なんですね

誰が作ったか知りませんが
面白いですね
非公開コメント

プロフィール

くんざん

Author:くんざん
FC2ブログへようこそ!
 料理・水墨画・表装・DIYに挑戦しています。
山陽小野田市の旧跡を尋ねるウオーキングを始めました
傘寿を迎えてもうひと頑張り、♂です

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR