FC2ブログ

ぴんころ神社が見つかった 第2歩

「ぴんころ」を見つけた

建築石材の「ぴんころ」が沢山使われている

当嶋八幡宮

日を改めて尋ねた

9:05出発
10:55着
万歩計 8344歩
往復で約5km

浜五丁唐樋をおなじ岩盤で支える当嶋八幡宮
航海安全と五穀豊穣の神
小ぢんまりとしているが神社としての風格は
全て揃っている

DSC05896.jpg



ご覧のように、階段の両側の法面の保護のために

ぴんころが沢山使われている

概算したら、2000個近くになる

「ぴんぴんころり」の趣旨に合う神社だ

物凄いご利益がありそうだ

DSC05881.jpg



本殿は間口も3mと非常に広く

造りも日光東照宮の陽明門に似て重厚である

DSC05897.jpg



大きな神木のクロガネモチが杜を覆っている
(金が貯まりそう)

DSC05916.jpg



ぴんぴんころりのころりと同じ意味合いの

「椿の花がぽとり」、それも群生して本殿を囲んでいる

勝手に「ぴんころ神社」と命名した

DSC05907.jpg



境内から見える有帆川も絶景であり
葛飾北斎の版画の風景と同じである
今風で、下から境内に登る車道もある

DSC05877.jpg



境内に芭蕉の句碑がある

「夏来ても なお一つ葉の 一つかな」

地区の文化的な高さが忍ばれる

そのうち、薫さんの川柳が見られるかも

DSC05899.jpg






スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

くんざん

Author:くんざん
FC2ブログへようこそ!
 料理・水墨画・表装・DIYに挑戦しています。
山陽小野田市の旧跡を尋ねるウオーキングを始めました
傘寿を迎えてもうひと頑張り、♂です

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR