FC2ブログ

ぴんころ WALKING in 小野田 第1歩

ぴんぴんころりの
ぴんぴんは運動や食事で維持する事ができるが
ころりは?・・・・もっと年を取って考えよう

第1回目は小野田の基礎を築いた高泊干拓を訪ねた

我が家を8:40出発

我が家に11:20到着

往復で約6km

万歩計は11693歩


昨年12月、新しく出来た小野田湾岸道の有帆川大橋を初めて徒歩で渡った

遠くには今年竣工した10階建ての市立病院が見える

橋の向こう側が干拓された土地
DSC05841.jpg



右が有帆川(外海)、左が干拓地の遊水地、手前が五丁唐樋
左右の水面の差が3~4mあります
丁度満潮時です、水面の高低差が分かりますか
いつも、堤防と水門で左の干拓地が守られている

外海が満潮の時、干拓地に雨が降ると一時遊水地に貯められ
外海が干潮になった時に放出される
DSC05879.jpg




汐止記念碑
毛利藩が船木の代官 楊井三之充 に命じて
高泊開作四百町歩を開かせた
唐樋が完成した後の大暴風で流された場所にある
2度も流されている
DSC05846.jpg



3度目でようやく完成した浜五丁唐樋
大潮の満潮時の唐樋の様子
DSC05854.jpg



6時間後の、大潮で干潮時の唐樋
唐樋は砂に埋まって、手入れ不十分の状態です
灯油のポリタンクで使う赤い蝶番と同じ原理です
DSC05889.jpg



この大工事の守り神の高泊神社
いろいろと準備をしたのにお賽銭用の硬貨を忘れた
後ろ髪を引かれながら千円札を賽銭箱に入れた が
ご利益は即座に現れた、次回の楽しみに

DSC05860.jpg



毛利の家紋が見える
DSC05864.jpg



珍しい子連れの狛犬です
背中と前足の2匹じゃれついています
右の「吽」の狛犬も1匹連れています
ですから、安産の神でもあります
DSC05862.jpg



開発造成時の臨時代官所で「勘場屋敷」と呼ばれています
DSC05868.jpg




スポンサーサイト



コメント

小野田湾というと山口県ですね
子ずれの狛犬、珍しいですね。東京出身なので西のほう、山口から九州付近まで行くと歴史も古いせいか関東では見ない狛犬が多くなって面白いです
そういえば諏訪は御柱ばかりで狛犬を楽しむ機会が激変しました。その代わり庚申塔なんかの古い石仏はすごく多いんですけどね。そうそう、赤い鳥居もほとんどないんですよ。
非公開コメント

プロフィール

くんざん

Author:くんざん
FC2ブログへようこそ!
 料理・水墨画・表装・DIYに挑戦しています。
山陽小野田市の旧跡を尋ねるウオーキングを始めました
傘寿を迎えてもうひと頑張り、♂です

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR