FC2ブログ

今年も元気 餅を搗く

山陽小野田市の竜王山の1万本の桜も貫禄が出てきました

桜を見ながらヨモギを摘みました

昨夜の雨で落ちた桜の花びらが一緒に入りますので

このまま搗くと「桜・ヨモギ餅」になるんかなと悩みました

花びらをつまみながらバケツに入れます

膝が痛く、だんだん平らな所で摘むようになりました

家内が10リットルのバケツに7割がた

私が3リットルのバケツで2杯摘みました

半分はヨモギ餅用に茹でました

半分は私の膝痛用に干しました

ジイとバアが二人でヨモギ餅を搗きました

いつもの通りのセイロ、餅搗き機、揉み板の3点セットです
DSC04762.jpg

餅米を1晩浸けて、1時間水を切る
1臼で2升、4臼搗きます
DSC04763.jpg

準備万端
冷えると固くなるので速さが勝負です
DSC04764.jpg

セイロで蒸し
ヨモギと塩を入れて搗きます
塩加減は私くんざんがやります
DSC04765.jpg

「取り餅」
餅つきで一番の要です
1個大に、表を人肌のように滑らかに搾り出し、素早く切り取ります
熱いです
5年前まで、祖母がやっていましたが
今は家内がやっています
○○○○○○ないと出来ません
DSC04769.jpg

近所の友人知人兄弟子供孫達に春を届けました

同時に、美祢市の嫁の実家から餅が届きました

夕食の「ヨモギの焼き餅」はちょっときつかった、「雑炊」が食べたかった







スポンサーサイト



コメント

ああ、蓬のかおり

8升もお餅を搗かれてあちこちへ配られた。
私も柔らかそうなヨモギ餅、食べたいです。

ずっと昔、わが地方では小豆餡を中に包んだヨモギ餅を作り、「ぶんたこ」と称し、親せきなどへ重箱に詰めて配ったものです。

日時を変えてその重箱へ搗きたてのぶんたこを詰めてお返しが帰って来ました。
子どもたちは2度、3度とぶんたこが食べれて嬉しかった事をおもいだしました。
非公開コメント

プロフィール

くんざん

Author:くんざん
FC2ブログへようこそ!
 料理・水墨画・表装・DIYに挑戦しています。
山陽小野田市の旧跡を尋ねるウオーキングを始めました
傘寿を迎えてもうひと頑張り、♂です

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR