FC2ブログ

僕の姉上様 その8

入居してベット以外何もない部屋で目を覚ました
「自分はどうしてここにいるのだろう、とスタッフに聞いた」
「ここが終の棲家と思うと寂しい」
と くんざんに話した
入居が随分と不満なんだろう

施設が示す標準的な家具を揃えた
写っていないが机に椅子2脚がある
DSC05911.jpg

入居して2週間経った
家の冷蔵庫の掃除をしたというと
「要れば使って、家に帰ることはないと思うから」

盆には帰る段取りをした
朝9:00に出て17:00に帰るようにしたらというと
仏様を拝んで猫の男ちゃんに会って
昼を食べたら施設の4時のおやつに間に合うように帰るよというので
朝10:30に出て15:30には帰るように変更した

食事も美味しく残したことは無い
友達もでき満足しているという
どうやら終の棲家をここに決めたらしい


本人はあれこれ始末をして入居したと思っているが

築50年の家20190811
この家、庭、猫とごっそりと残っている


早くから後始末をして
元気なうちに入居して
施設で楽しむ工夫が必要です
スポンサーサイト



コメント

No title

くんざんさんのように肉親であれこれ面倒を見てくれる者がいる人は身一つで入居してもあとは何とかしてくれる・・・

と、ならないようにするにはよほど前から計画を立てないと無理でしょうね。

Re: nekoさん お早うございます

> くんざんさんのように肉親であれこれ面倒を見てくれる者がいる人は身一つで入居してもあとは何とかしてくれる・・・
>
> と、ならないようにするにはよほど前から計画を立てないと無理でしょうね。


本人は、自分なりに始末しているつもりですが
台所、風呂、タンス類、押入れ、居間の本、納屋、倉庫、猫とそれらの中身が山ほど残っている
95%は残っている
間違いなく負の遺産です
非公開コメント

プロフィール

くんざん

Author:くんざん
FC2ブログへようこそ!
 料理・水墨画・表装・DIYに挑戦しています。
山陽小野田市の旧跡を尋ねるウオーキングを始めました
傘寿を迎えてもうひと頑張り、♂です

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR