FC2ブログ

仏表装を作る 3

本紙に一文字を付ける

表装では本紙より上にあるものを「天」、下にあるものを「地」といいます


2一文字
一文字の天と地を切り取る
一文字には金襴が使われる

4一文字
切断した切り口が表面に出たままになるので
横糸がほぐれないように濃糊で固める

6一文字
一文字が本紙と重なる部分にボンドを広げる

8一文字
本紙に重ねる
天も地も

10一文字
本紙と一文字は厚さが随分と違うので
力を分散するための力紙(美濃紙1.5分幅)を貼る



本紙の周囲に沈みと中縁りを貼る

内側の沈めの切り継ぎ(紫)
本紙の周りに斜子(ななこ:幅2.5分のカラーテープ)を貼る

DSC04454.jpg
本紙の裏側の縁(1分)に糊を付け

DSC04453.jpg
斜子(1分出し)に貼る

DSC04455.jpg
本紙の裏の周囲に斜子を貼る


難しいところなので一回り撮影を忘れる

2切り継ぎ20180807
0.5分空けて
中縁りを貼る(内側の沈みが完成)
中縁りの周囲に斜子(白)を貼った状態


外側の総縁りを貼る


6切り継ぎ20180807
斜子に総縁りを貼る(0.5分空けて)
長い文鎮の下のアルミ板が覆輪(0.5分の間隔を取るスペーサー)
手前が総縁りの裏に糊をつて覆輪に当てて貼る

10切り継ぎ20180807
総縁りを張ったところ

14切り継ぎ20180807
同様に右側の総縁りも

17切り継ぎ20180812
地の総縁りも貼った


デコボコしているのは模様を合わせるため

外回りの濃緑の布は
「天」と「地」と「左の柱」と「右の柱」の4片を切り合わせている
どこで切り継ぎしたか分かりますか



沈めと模様合わせは気合が入るところで
写真撮影を忘れて流れがよくわからないですね
断面はこんな感じです
沈めの構造


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

くんざん

Author:くんざん
FC2ブログへようこそ!
 料理・水墨画・表装・DIYに挑戦しています。
山陽小野田市の旧跡を尋ねるウオーキングを始めました
傘寿を迎えてもうひと頑張り、♂です

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR