FC2ブログ

仏表装を作る 2

表装で使う布は「裂地」とか「裂」といいます


裂の縮め

織りたての裂は引っ張られた状態で出来上がっています
ストレスのない状態にする作業を「縮め」といいます

20仏表装
本体と織り方が違う縁は鋏で1寸毎切り込む
裁断された部分(右端)は途中で切れた横糸を除く

22仏表装
毛布の上に置き
たっぷりと霧を吹き半日置く
裂地は2枚とも金襴緞子の金襴です
横糸に金糸を織り込んで模様を作っています


肌裏を打つ

19仏表装
この間糊をつくる
裂と紙の接着には「濃糊」
紙と紙の接着には「薄糊」をつくる
(糊は化学糊「いちばん」)

肌裏を打つ(裂の裏に美濃紙を貼る)

裂の縦糸と横糸を直角にセットする作業
(模様がまっすぐに並ぶように)

張り手をつけて真っ直ぐに貼る
①定規から裂を2分出す
②張り手(1寸幅×2尺5寸の美濃紙)に糊をつける

23の2仏表装
③定規に沿って張り手を貼る

23仏表装
④アイロンで裂と張り手をしっかりと接着する
⑤反対側の端の張り手も貼る


24の2
⑥張り手張り手が直線になるよう定規に合わせた後、台に貼る

24仏表装
模様が縦横直角で直線になるよう調整したあと
⑦反対側の張り手を台に貼る

26の1仏表装
⑧ヘラ差し紙を挟む

26の2仏表装
⑨裂に肌裏(美濃紙中厚)を貼る
(横糸に沿って刷毛で叩きながら貼る)

26仏表装
貼り板(写真奥の板)の幅ごと貼っていく

30仏表装
全面を貼ったら
⑩乾き具合が均一になるよう霧を吹く

最後に裂と台がくっつかないように
⑪ヘラ差し紙からストローで息を吹き込み離す

50仏表装
⑫一日置いて縁の美濃紙を切り取り
「裂の肌裏打ち」が完成

ふにゃふにゃの布地が厚い画用紙のようになり
加工しやすく寸法取りが正確になります


スポンサーサイト



コメント

No title

ふすまの張替えなど、お茶の子さいさいでしょうね。

Re: nekoさん お早うございます

今朝の涼しさは最高でした
ミミズも蚊もみな生き返りました
おかげでクリスマスローズの水やりで7ケ所も刺されました

ハイ、襖は下地の角の切り(角のシワを防ぐ)込むを忘れなければ大丈夫です
しかし、表装をする部屋は定規などの長ものを振り回すので障子は穴だらけです


No title

こんなに丁寧な仕事をするんですね。
本にカバーをするのも、お茶の子さいさいですね!

Re: みのじさん お早うございます

> こんなに丁寧な仕事をするんですね。
> 本にカバーをするのも、お茶の子さいさいですね!

いや、本のカバーは未経験ですね
なにか特殊な技術がいりそうですね
金襴緞子の布は沢山余っていますが
挑戦してみたいですね
和本とじはやったことがあります
非公開コメント

プロフィール

くんざん

Author:くんざん
FC2ブログへようこそ!
 料理・水墨画・表装・DIYに挑戦しています。
山陽小野田市の旧跡を尋ねるウオーキングを始めました
傘寿を迎えてもうひと頑張り、♂です

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR