FC2ブログ

くんざんも一句

このところ、コロナで面会禁止と外出禁止で

老人ホームに入っている姉もストレスが溜まっていると思うので

テレビのプレバトを真似て

くんざんも一句を捻り、先の色紙に加えて激励をした

ケアマネジャーさんに預けた

20200924色紙の俳句2
姉の庭の剪定を始めたので一句

庭石の 一ッ葉抜きて 主を待つ


凡人か?

才能無しか?
スポンサーサイト



台風の塩害 その2

台風10号の塩害は時間とともにじわっと効いてくる


楠の東側がやられて葉が随分と落ちてきた
20200923台風の塩害2

地上には枯れた葉が重なっている
20200923台風の塩害6

隣の家の南京ハゼも東が透けている
20200923台風の塩害4

我が家の甘夏柑は南風にやられ葉が落ち青い実が表に出た
20200923台風の塩害8

太陽に向けて 弱を押す

今日 9月27日の毎日新聞の第一面

仲畑流万能川柳の秀逸句にあった


「太陽にリモコン向けて弱を押す」


作者は 京田辺 ○☆△□ さん


世界の科学者、指導者は期待できないか。

灯油と石油ストーブ


ポリタンクに残った灯油を10年~12年も車庫に放置していた
劣化して、いざという時に役に立たないかもしれないので
廃棄することにした

取引のあるスタンドでも引き受けないと言うので

ストーブで燃やすことにした

AC電源を使うストーブは壊れていた、廃棄決定
20200918石油ストーブ 002


電池を電源とする石油ストーブは使えて

灯油は燃やすことが出来たがやはり劣化していた
燃えたが、臭いのと目がチカチカした
20200918石油ストーブ電池2
残っていた12~13リットルの灯油を燃やすのに
4日もかかった

忘れずに新しく灯油を買っておこう

チクリの膝その後

変形性膝関節症で痛くて歩きにくくなって
6月24日受診した
デカドロン注液などを週1で5回注射した
この間鎮痛シップとサポーターをしている

通院を離れてからはサポータのみを続けている

20200816膝その後

丁度3ヶ月になった

この間、違和感や膝の曲げ方で1/10~2/10の痛みが時折あったが
石のテーブルの脚を移動したり伊吹を切ったりすることは
ほぼ苦痛なくなくできた


普通の生活が出来ることは
凄く有難いことだと感じた

伊吹を切る

新築時15本近く植えた伊吹が
何時のまにか残り1本になった

最後の伊吹も4mを超え
3.6mの脚立では手に負えなくなり
20200917伊吹を切る8


この最後の伊吹の画像は平成17年の年賀状に使ったり
くんざん自身の告別式の遺影に使う予定にしており
ババさんにもその旨しっかり伝えている
20200917伊吹を切る4



我が家が使われる予定もないし
怪我無く剪定する子もいないので

根元からチェンソーで切った、2分で切れた
20200918伊吹を切る10


小枝や葉は丸鋸で小さく切った
20200918伊吹を切る12


丸鋸は切るエネルギーが電気だから楽だ
大きな枝を一気に小さく刻む
20200918伊吹を切る14

切った後には大きな平戸つつじが出てきた
左下に2分で切ったチェンソーが見える
20200918伊吹を切る16

小枝や葉の大部分は
柑橘類の木の根元に草避けとして置いた
20200919伊吹を切る2

その他は市のゴミとしてこんな形で出した
20200919伊吹を切る4


木の剪定は後始末が大変です
綺麗になりました
20200919伊吹を切る6

脚立を使って剪定する木は、あと3本になった

息子が二人いるが何れも自宅を持っているので
我が家の行き先は全く不明であるが
取りあえず誰でも簡単に剪定が出来る庭にしているつもり


コロナでジジ、ババの手が必要なのが分かった

あと20年もすると空き家だらけになるそうだ

企業はとっくの昔に合併を繰り返している
ファミリーも三世代・四世代家族が一緒に暮らすべきだ

休耕田の稲穂

今年から休耕になったはずが
休耕田 016

沢山の雑草をお供に
休耕田 022


去年刈り取った切株から稲穂が実っている
休耕田 015

ちょっと籾摺りをしたら
休耕田 017


青い籾は空っぽ
黄色い籾には普段の30~60%の大きさの米が出来ていた
牛や山羊を放すと喜ぶだろう
休耕田 020


この付近では
90近いおばあちゃんが作る田んぼだけになった

台風の後始末 その2

915hpの超巨大台風がくるので
当然、どん兵衛をたくさん買った

毎日お昼はどん兵衛だ
勿論、美味しいきつねも入っている

20200916台風の後始末どんベい


コロナだけでなく
台風対策充当経費補償金もください。

台風の後始末

楠の木蔭に置いてある石のテーブル
20200512122904b14[1]


大きな台風が来るので飛ばされないように分解した
20200911石のテーブル2

が、大事なメインテーブルの脚が
重たいので扱い損ねて割ってしまった
20200911石のテーブル4

ゴミに出す方が大仕事なので
修理することにした
震動ドライバーで穴をあけた
縁に近いので、また割らないように4mm→6mm→8mmのドリルであけた
20200911石のテーブル6

15mmの桧の板に接着剤を塗って
20200911石のテーブル8

ステンレスのボルトで締めた
20200911石のテーブル10

チョット恰好が悪いが、後でペンキの色を考えよう
そのうちここで一杯飲めるだろう
庭のテーブル 002

主の膝とよく似ている
20200912膝にチクリ

水墨画の作業台


ここ数年、築47年の老朽家屋を修理に追われ、指が固くなった。
両手の中指がバネ指になって
水墨画から遠ざかっている


表装の作業台を車庫に移動したら

木工作業が簡単に出来るようになった

20200825水墨画の作業台2


箱を2個作って天板を置いたら
水墨画の作業台が出来た

20200825水墨画の作業台 4

作業台のこけら落としで一筆
何年ぶりだろう
稲と蝗 010
菅原吾法画伯の「稲穂と蝗」の臨模です

プロフィール

くんざん

Author:くんざん
FC2ブログへようこそ!
 料理・水墨画・DIYに挑戦しています。
山陽小野田市の旧跡を尋ねるウオーキングを始めました
傘寿を迎えてもうひと頑張りです。米寿を目指しています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR