FC2ブログ

ヒラマサを捌く2

Tさんからもらったヒラマサを

三枚に開く

腹を開いて内臓を取ったら
腹の中の血の塊を取り除く

包丁で強く背骨の幅に3本切る
ヒラマサを捌く 023


最初は竹串3~4本で血の塊をとる
後半はブラシで背骨の窪みの血の塊を取る
ヒラマサを捌く 017


水で洗う作業はここで終わりです
後は水を使いません
ヒラマサを捌く 018


しっかり水けをふき取る
ヒラマサを捌く 024


右利きで三枚に開く
1度目は
背中を頭から尾まで1~1・5cmの切り込みで
包丁の下に中骨が有ることを確認しながら
2度目
少し切り込む、包丁の下に中骨が有ることを確認しながら
3度目は
背骨まで切り込む
おおきくごつごつの背骨を確認しながら引く
ヒラマサを捌く 029

頭の向きを変えながら尾から肛門まで
1cm~1・5cmの切り込みで
包丁の下に腹骨が有るのを確認しながら引く
同様にして背骨まで切り込んで引く
ヒラマサを捌く 030

背骨と上の身の間に包丁を入れ尾まで切り分ける
ヒラマサを捌く 032

上の身を尾と切り離す
ヒラマサを捌く 033

上の身の右端を持ち上げ
背骨と切り離す
ヒラマサを捌く 034

二枚に開いた
上が背骨つきの身
ヒラマサを捌く 035

背骨を切り開く
尾から腹へ
1cm~1・5cm切り込む
包丁の下に中骨が有ることを確認しながら引く
ヒラマサを捌く 036

頭を変えて
肛門から尾まで
同様に引く
背骨と上の身を切り分けて
尾と切り離す
これで三枚に開いた
ヒラマサを捌く 037

片身と骨
ヒラマサを捌く 041



天然の鰤やヒラマサには鰤糸状虫やヒラマサ糸状虫がいる
刃渡り15の出刃と比べると10cm~20cmの大きさだ
アニキサスと違って害はないといわれている
いままで捌いた中ではほとんど背骨の傍の身にいるので三枚におろすと見つかる
天然の証拠だと思えばいい
3尾のヒラマサのうち2尾にいた、おおよそこの割合でいる
この写真で驚いていると魚は食えない
殆どの魚には寄生虫がいるので
ヒラマサを捌く 038
ヒラマサを捌く 040


次回、柵取りに続きます
スポンサーサイト



ヒラマサを捌く1

Tさんから
大きなヒラマサを3尾貰ったので

その捌き方を披露します
釣ったその日に捌くと身が固い
1日おくと熟成して旨くなる

ヒラマサを捌く 001

ステンレスの出刃なので3尾は難しい、砥いだ
ヒラマサを捌く 002

鱗が飛ぶので花壇で
コロナの時期なのでしっかり洗った
まな板は昔の軽トラの荷台に敷いたベニヤで
ヒラマサを捌く 003

57cm、71cm、72cmであった
ヒラマサを捌く 004


釣り人の特定は結索バンドの色で区別
ヒラマサを捌く 005


頭や内臓と本身の二つに分ける

脳天から胸ヒレへ、続いて腹ヒレに刃を入れる
裏返して同様に脳天、胸ヒレ、腹ヒレに
(鯛やスズキには上から1/3、中央に苦玉があるので注意)
ヒラマサを捌く 006

肛門まで腹を割る
ヒラマサを捌く 012

肛門と内臓を切り離す
ヒラマサを捌く 009


頭と本身をつないでいる
幕、筋などを切り離す
(プロはここでクビの骨を切り落とすが大きくて固いので難しい)

頭と本身をもって背中の方向に折り曲げる
ポキッといって骨が外れる
残酷のようだけど一番簡単だ
ヒラマサを捌く 008


頭から内臓を切り離す
ヒラマサを捌く 015

これで外での仕事は終わり
ヒラマサを捌く 016


今回のような大きさになると刃渡り18cmの鋼刃が欲しいが
錆びさせないように手入れが・・・・


次回の「三枚に開く」に続きます

道普請

最近は道普請とはいわず
町内クリーン作業と言っている
我が班の清掃区域は
道路が3本水路が2本

道路、水路の整備や草取りが主
メイン道路は殆どアスファルト舗装がされ手が掛からない
民家に入る脇道や水路と草取りが主になっている



綺麗だ
道普請 001

ここまで綺麗にしなくても
これでは鯉や鮒が上ってこないぞ
道普請2

農道と水路の清掃
道普請3

綺麗な花を残す優しさ
道普請5

通路の凹凸を直す
道普請9

一時間で終了
道普請11

遊水地

遊水地

100メートル四方の遊水地
海が満潮のとき雨が降ると民家や農地が浸水するので一時雨水を貯める池が遊水地である
3本の川が流れ込んでいる
そのうちの1本が我が家の前を流れている

20200522遊水地1

5~6月になると
10年前までは鮒が川幅一杯に上っていたが
20200522遊水地2

最近は鯉が上ってくる
20200522遊水地4

時にはイナ(ボラの小さいもの)
20200522遊水地8

夜には鰻が釣れる
20200522遊水地10

孫が滋賀県から遊びに来ると
軽トラに乗せて遊水地へ
鮒14尾、ブルーギル1尾、草亀1匹
30分で満足して帰る
20200522遊水地15


10年前に大雨が降り川が溢れ道路が冠水したので市役所に電話を入れた
30分後に車で様子を見に来た
15分後に川の水が音を立てて引き始めた

通常はバタフライ式の水門で
非常時には毎分220トンのポンプで排水する


以前から隣接する商業施設の重役や
町内の自治会役員と新年ふれあい会で顔を合わせるが
遊水地を駐車場にしたいとの声を聞くが

その都度遊水地の役割を説明している
能力が大きいポンプが有ると言うが
スイッチを入れるのは人間で間違いがある


自然とは
バタフライ式水門とポンプと人の目の3本立で対応しなければ
50年に一度は負ける


すぐそばに立派な緑地公園と遊歩道もあるし
釣り堀や
ボートにアベックを乗せろと言っている

黄砂

黄砂が降る

最近は[黄砂+PM2.5]が降る


川の流れが止まり、西風が吹いていると
川面にも「黄砂とPM2.5」が浮いている

20200518黄砂 002


20200518黄砂 004

雨が降らないと車にも降っているのが分かる


山口県はこのように注意している
20200518山口県のPM2点5

黄砂は「窓を開けるな」という

コロナは「開けよ」と言う

世界中が安い賃金を際限なく求めていった結果だ

尻の毛まで預けてしまって
文句をいう力はあるか?

鯉様のお通りだ

4月から6月初旬にかけての中潮には
前の川の水が20~30センチの深さになり
小さい鯉から50cm~60cmの鯉が上ってくる
目的がカワニナを食べにくる
夏から春に掛けて川底一面に繁殖したカワニナを食べに上ってくる

5月4日の朝上ってきた
川幅一杯に登ってくる
黒い3~4cmの巻貝は金槌でないと割れない
(ネットからコピーしました)
20200516カワニナ


鯉が食べる様子は
大人が梅干しの種を丸ごとかみ砕く姿に似ている
苦労して砕く姿が面白い
20200504鯉のお通りだ


4~5回、アングアングして噛んだあと
エラからかみ砕いた殻を吹き出す

鯉が上った次の日の5月5日の川底には
たくさんの砕けた殻が光っている
20200505鯉がかみ砕いた殻

次の中潮の5月16日にも上ってきた
前回は川底を殆ど食べつくしたので
今回は、川の側面の石垣に残っているニナを食べにくる
ニナを諦めて、アオミドロを食べる鯉のいる

20200516ニナは居ないよ

次はアオミドロが長く成長した7月~8月に登ってくる

LEDの照明器具

鳴り物入りで登場したLED照明器具を買った
18,220円であった

居間だから使用頻度は高いが
3年3月で壊れた

朝6時急に点滅を始めた
DSC00278.jpg

天井の接続器具が原因かと思って
新しい接続器具に接続したが
やっぱり点滅する
DSC00287.jpg


買った店に電話をしたら直ぐにもってこいとのことでした
補償期間中で幸いしたが
メーカーに送っても3週間も掛かるとか
DSC00300.jpg

代わりの蛍光灯を今はほとんど使っていない部屋から持ってきた
DSC00303.jpg
天井も光が届き部屋中が明るくて温かい感じたのでよく見たら
笠が透明プラスチックなので上も下も明るい

一方LED照明器具についている笠はあまり光を通さない
下の方向はいかにも明るいと感じるが
テレビの画面は暗くなっている

消費電力は100V 62Wと書いてあった
蛍光灯は小さい管が30W、 外の大きい管が40Wで合計70W
殆ど変わらないぞ

我が家だけのことかと思ったら
ネットでは沢山の故障があった
青色のLEDがノーベル賞をもらったのに便乗しただけか

さらに蛍光灯が製造中止になるとか


医療に続いて技術立国日本も返上か

ババさんのメンマ

我が家に届く筍の量は半端ではない
スーパーの売り場のように届く

今年
20200503筍1
昨年
20200503筍4
一昨年
20200503筍5

ババさんが作るメンマが美味しいからです




ババさんのレシピはいつも白い厚紙に書いてある

20200503筍6


20200504メンマ

特に美味しいのは
煮汁にローストビーフの残りの煮汁を加えた時です


20200504冷凍保存

昔、メンマは割りばしを煮て作ると言われていたので
ネットで調べたら
ラーメンの上にのせるチク(真竹)からメンマとか
本当?

外出自粛なのでDIY

小さなDIYをこなした

①裏木戸の戸当たりを付けた
20200428裏木戸に戸当たり



②雨カバーが無かった
設計者か施工者の凡ミス
住民は35年も気づかずの大ミス
20200428換気扇に雨カバーを付ける



③流しの小物入れ
瞬間接着剤は結構難しい
時間が掛かるがボンドに変えた
強さに安定感がある
20200428洗剤入れ1
20200428洗剤入れ2



④中連の砂壁に壁紙を貼った
20200428壁紙を貼る3
20200428壁紙を貼る1
20200428壁紙を貼る2



⑤砂壁に原因不明の穴があった
ババさんは突然開いたと言っているが
箪笥の前の目覚まし時計の振動で
数年かかって開いたと見る方が正しい
20200428何故か穴が開いた1
市販の漆喰で埋めた
20200428砂壁の破損4
楮紙で押さえた
20200428何故か穴が開いた2



⑥スイッチボックスの周辺は陥没した
20200428砂壁の破損1
漆喰で埋めて
20200428砂壁の破損2
楮紙で押さえた
20200428砂壁の破損3
プレートをはめた
20200428砂壁の破損5



⑦コードが垂れたので
20200429コードクリップ1
コードクリップで直した
20200429コードクリップ2



⑧戸車を新品にする
最近何故か爪が横に割れている
後期高齢者になると爪は薄くなり脆くなるのは分かっているが
そんなに力仕事をしないのに
爪が横に割れている
その原因は
敷居がへこむか戸車にゴミが溜まり
開け閉めに力がいるので
爪先が割れる
20200509戸車の調整1
戸車を新品に替え
敷居に新しい「敷居すべり」を貼る
20200509戸車の調整2
ガラス戸6枚分をやり替えた
軽くなりすぎて慣れない4~5日は
パッチンパッチン
大きな音を立てた


参考までに戸車にゴミが溜まったら
敷居の上に輪ゴムを置いて
4~5回左右に動かすとゴミが取れる



⑨風呂場の混合栓から水が漏れる
20200512DIY 017
冷水の方が傷んでいた
20200512DIY 015
結構ややこしい
20200512DIY 018
25年前に買った部品が残っていた、980円もしていた
20200512DIY 019
30分も掛かった



⑩風呂やトイレの手摺に使ったビスがさび始めたので
20200512DIY 016
銀ペンを塗った
チョット暗いと、眼鏡を付けても外してもぼける
こんな時こそハズキルーペだ
20200512DIY 022
写真に撮ってはじめてわかる
コリャ駄目、塗り直しだ



⑪エアコンの室外機に青カビが生えて見苦しいので
20200512エアコンの掃除3
20200512エアコンの掃除5
洗剤で洗った
20200512DIY 025
20200512エアコンの掃除 002
余り綺麗にならないが一安心する



⑫薔薇と柚子の木の棘
昔の農道だから狭い
小学生3人の通学路になっているので
棘がある薔薇と柚子の木を軽く剪定する
20200512柚子の剪定 001
本番は剪定バリカンで深く刈りこむ
20200512柚子の剪定 002



それにしても築46年になると
古くなるもんだ


マンションに住みたい!!!


薔薇


タイム、蘭に続いて薔薇を上げます


ババさんの薔薇には
60㎝立方の穴掘りから消毒液散布、剪定など一切手が出せません


ロージークリスタル
20200510花3ローテローズ

突然くんざんは
この桜貝の画像を「Love me tender」と名付けプレスリーに捧げると言い出した
20200510花5桜貝

テディーベア
20200510花11テディーベア

マチルダ
20200510花12マチルダ

桜貝
20200510花13桜貝

マチルダ
20200510花15マチルダ

プレーボーイ
20200510花17プレーボーイ

桜貝
20200512DIY 033
5月11日我が家の女王様の主催で
薔薇を見る昼食会がこのテーブルで開催されました
むすび2個とメンマと
ノンアルコールの缶ビール1個でした



桜貝
20200511朝薔薇の 007桜貝

ジェミニ
20200511朝薔薇の 008

ジェミニ
20200511朝薔薇の 009ジェミニ

サマースノー
20200511朝薔薇の 011サマースノー


ホワイトクリスマス
20200512DIY 031


パーマネントウエーブ
20200511朝薔薇の 012パーマネントウエーブ

サマースナーと羽衣
20200511朝薔薇の 014サマースノーと羽衣

ジェミニ
20200511朝薔薇の 015ジェミニ

桜貝
20200511朝薔薇の 021桜貝

裏木戸の薔薇
20200512朝の薔薇 005



薔薇を湯舟に入れると
クレオパトラの湯になるが
薔薇は農薬を頻繁に散布するので
残念ながら風呂には入れません

プロフィール

くんざん

Author:くんざん
FC2ブログへようこそ!
 料理・水墨画・DIYに挑戦しています。
山陽小野田市の旧跡を尋ねるウオーキングを始めました
傘寿を迎えてもうひと頑張りです。米寿を目指しています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR