FC2ブログ

文字がまた消えた

前回はペンキで文字を描いたが半年で消えた

貼り付けたいアルファベットをダイソーで探したが無かった

白いテープに文字を書いて貼り付けたが
地が黒と白なので目がオロオロして見にくいので
別の小間物屋に行ったがやっぱり無かったので

黒いマスキングテープと白ペン(水性)を買ってきた

マスキングテープに文字を書いて
その上にセロテープを貼り
キーボードに貼り付けた


DSC00547.jpg


DSC00585.jpg

文字盤に文字の形をした窪みを付ければ消えることはない


スポンサーサイト



味噌の仕込み

米麦麹が完成したので
すぐさま味噌の仕込みに入る

直径28cmの圧力釜
鶏を丸ごと入れて参鶏湯を作るためにネットで買った
20200323味噌3


圧力釜で豆を煮るときは皮が吹き出し口に詰まるので
大きなこの釜が安心して役立つ

一晩水に漬けた7kgの大豆を一気に煮ることが出来た
5回に分けて煮た
20200323味噌7
20200323味噌5

昨日仕上がった米麦麹と
20200322米麹作り37

美味しい粗塩5kgと
20200323味噌10

昨夜出来上がった大豆を
フードプロセッサーで細かく砕いたものを
大盥に入れて、しっかり混ぜる
固ければ大豆の煮汁で調性する
力仕事だ
20200323味噌16

容器が5つあるので
20200323味噌20

雑菌侵入を防ぐためにポリ袋を使う
20200323味噌22
20200323味噌18

これも雑菌防止のため味噌の表面に50gの粗塩を蒔く
20200323味噌14
20200323味噌24

これもまた雑菌防止と重石のために
一容器ごとに2kgの塩を置く
20200323味噌12
20200323味噌26
20200323味噌28

一容器11kg×5=55kgの味噌が出来た
20200323味噌30

味噌は米麦麹より麦が入らない米麹の方が美味しいと思うが
特に最後の米麦麹と大豆を混ぜる作業は大変な力仕事
麦を入れると作業性が格段に楽になる

電気、ガス、水道、人件費を除いて 316円/kgとなる

朝の一口の味噌汁の美味しさは
今日一日の幸せにする



米麦麹の仕込みから味噌の仕込みまで約1週間の作業が終わった
9月には美味しい味噌が食べられる

1年前の
平成31年3月20日に仕込んだ味噌を
今日令和2年3月27日に開けてみました

味噌の香りをお届けします!

20200327去年の味噌2

最初に壺の蓋を開け、塩の重石を上げた時にかぐ権利は3~5万円はするよ

米麦麹を作る



済みません、投稿する順序を間違えていました
こちらが先です

味噌55kgを作る

味噌を作るにはその前に米麦麹を作る
(米麹の方が美味しいのですが、作業途中の出し入れ、混ぜる、砕くが大変力仕事なので麦をいれて楽にしています)

米15kg
押し麦5kg
種麹40×2袋
で米麦麹を作ります

米15kgは明日朝から蒸すので
既に水に漬けている
20200319米麹作り4

押し麦5kgは蒸す直前に水につける
20200319米麹作り2

種麹40g×2袋(1袋ではちょっと自信が無くて)
20200319米麹作り5


ヒーターとコントローラ
各種温度計
消毒用エタノール(昨年のが残っていました)
20200318米麹作り8
麹室の様子
20200322米麹作り8

麹箱を洗って消毒して
20200318米麹作り6

麹室に麹箱を入れて
米麹の温度を測定して
20200319米麹作り6

米の水切り
約1時間後に蒸しを開始
20200322米麹作り16

セイロ一式とガスコンロ
下段が蒸気を作る釜、上2段に米を入れる、それぞれ米を3kg蒸すことが出来る
20200322米麹作り23

大タライと消毒液
手にするもの全て消毒する
20200322米麹作り20

こめ15kgを蒸して盥で麦を待ちながら冷却
20200322米麹作り25

米と麦を蒸し40℃以下で種麹を振り込んだもの
麹室へ格納
20200322米麹作り27

麹の温度変化
高い温度で滑らかな曲線が地元のプロの醸造家のデータ
(30℃の麹部屋で仕事をするので温度が下がらない)

温度変化が大きく上下しているものがくんざんちの過程
(20℃の台所で仕事をするので米麹がすぐ冷める)
20200322米麹作り35

仕舞仕事、盥の中で塊をくだき最後の麹箱へ入れる
20200322米麹作り

温度を下げながらしっかり麹菌を付けるために
麹室に入れる様子
20200322米麹作り30

麹菌がしっかりついた米麦麹
20200322米麹作り32

米麦麹の冷却が大変、なかなか下がらない
20200322米麹作り37



10年前の作り方
車庫のビールケースの上で
20200322米麹作り67
敷布の上に米麦を
薄い毛布を敷いて
厚い毛布を敷いて
普通のゴザを敷いて
化繊のゴザを敷いて
竹桟を敷いて
ベニヤ板の上に ↑

能力は現在の半分
20200322米麹作り70


次回は味噌を仕込みます

無観客の大相撲

DSC00445.jpg

最初に見たときは笑ったが

スポーツや芸能界だけでなく企業も県も町も

全てのものがファンで成り立っていると思った

マスクの機能は

テレビに出てくる専門家は
「マスクは洗濯をしてはダメだ」と言う

我が家にあるマスクは

花粉、細菌、埃をブロックして
20200318マスウ1

素材はポリプロピレンで出来ており
20200318マスク2

不織布マスクといわれるものばかり
20200318マスク4

これをしっかり洗剤で洗って
煮沸してみた
20200318マスク5

耳の紐が少し緩む程度だ
20200318マスク8

本体は両手で引っ張っても捩じっても破れないし
肝心な肌理の状態も変わらない

専門家は「機能が低下する」のでダメという

サトウハチロ-の単行本を思い出した

  妻「あなた!汚いので直箸は止めて!」
  夫「それじゃ!お前とキスするときの唾はどうなる!」

久しぶりに表装

そろそろ表装もおしまいにしようと思っているが

裂、美濃紙、八双、軸棒、軸頭などが残っているので

使い切っておしまいに

多くの色紙掛けは
画像のように上下(天地)の裂(布)と中央の裂の2枚で作る
この色紙掛けの裂は表装用の裂でなく
近くの手芸店で見つけた生地で表装した
20200314沈み風袋



今回は
天地の裂が無いので一枚で仕上げて
色紙の飾り方は縦横兼用


色紙を縦に掛けた
DSC00539.jpg

色紙を横に掛けた
DSC00541.jpg


少し間延びをしているが
色紙が強調されて見える

接写をしてみた

最近、接写で綺麗な画像を見ることが多い
コンデジでお任せしか撮ったことが無いのに
恐れ多くも真似をしてみた
日付が入っていたので
やったことが無いほどのトリミングすることになった

それにしても我が家の花は虫が多い

DSC00334.jpg


DSC00348.jpg


DSC00357.jpg


DSC00362.jpg


DSC00369.jpg


DSC00392.jpg


DSC00394.jpg


DSC00401.jpg


DSC00405.jpg


DSC00406.jpg


DSC00424.jpg


DSC00435.jpg


画像にもう一つ何かが有ればよいのだが

この先どうするのだろう

孫も臨時休校だ!

小中が休校だ!
我が家にもオハチが回ってきた
小学生と中学生が暇をもてあそんでいる

団地に迎えに行ったら
普段は1台もないのに
金曜日なのにどこの家にも車がある
DSC00458.jpg

山陽小野田市にある県立の江汐公園に連れて行った
途中コンビニでおやつを1000円で買わしたら
30分も掛かってこんな大きな袋に
スマホで計算しながら
ちゃっかり158円オーバー
DSC00476.jpg

大きな鯉、時折下から鮒が横取り
鴨が近くまで来ているが水かきでは鯉に適わない
DSC00484.jpg

姉が特訓をしている
DSC00496.jpg

ここでも特訓
6回目でようやく登った
DSC00509.jpg

一人でゆっくりと
DSC00512.jpg


売店はコロナで休み
酒もビールもない一日でした
疲れた

これもブログのためだ

ホワイトデー

バレンタインデーには孫娘たちから
手作りのチョレートを貰ったので
20200227チョコレート


ホワイトデーには
ババロワを作るためのリキュールとレシピを贈った

20200309リキュール

リキュールは4種類
20200227リキュウル4
左から
グランマニエ 50ml 328円
コアントロー 50ml 298円 
マラスキーノ 100ml 387円 
キルッシュワッサー 100ml 387円
合計 1400円 税別

50~100mlの小瓶でお手頃値段
これだけ有れば5~10年間は作れる


スキャン_20200227
生クリームは乳脂肪分が45~47が腰がしっかりする



料理はよほど美味しくないと記憶に残らないが
ケーキは食事の後で
この手の表情が・・・・
20171231大好物


趣味の料理を始めて20年を超える
この間一番多く作ったのがこのババロワである
小さなカップであれば20個程度はできる
孫たちが家に入るなり冷蔵庫を開けてニコニコ顔になる
友人、知人、親戚が集まる時には必ずこれをつくる
1,500円で40分、後は冷やすだけ
食事の後だからなおさら記憶に残る


孫娘たちには是非得意料理にしてほしいと思っている


最後にこれを出すと
「これは、今の天皇陛下のおばあ様の香淳皇后陛下様が・・・・」の
一言が言えるのが楽しみ


折角、訪問されたので
お土産にお持ち帰りいただき
お仲間の笑顔と歓声をご賞味ください

雑煮

餅を搗いたら
毎朝が味噌味の雑煮
20160425.jpg

時には懐石で食べる雑煮のように
汁が澄んだ雑煮が食べたいので挑戦した

醤油味の雑煮を作った
鶏モモ肉を湯通しして入れた
20200304雑煮

餅の取り粉を水で洗い、鶏モモ肉を湯通しして入れた
20200307.jpg

餅をレンジで温め過ぎたので破れた
20200310.jpg

鶏のもも肉を湯通しして、みりんで揉んで、醤油で揉んで、汁を捨てておく
野菜は固い順に軽く茹でて水を切っておく
餅は水で取り粉を洗っておく
汁は白だしと淡口醤油で味をつけ煮立てておく
餅をレンジで温めて
全てを同時に入れ、さっと温めて器に
20200311完成

4回挑戦して10日かかった

この程度で許してやろう

プロフィール

くんざん

Author:くんざん
FC2ブログへようこそ!
 料理・水墨画・表装・DIYに挑戦しています。
山陽小野田市の旧跡を尋ねるウオーキングを始めました
傘寿を迎えてもうひと頑張り、♂です

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR