FC2ブログ

タイムが咲いた4

春の最後を飾る花たち

タイム

[広告 ] VPS



[広告 ] VPS


4タイム20180423
待ちきれずに3分咲きを上げました

6タイム20180423
クリスマスローズと満天星と仲良く

8タイム20180423
ここの和と洋はよくあっていると思う・・・ネ

20161017112333d8a[1]
149タイム ロンギカウリス
平成28年5月、タキイに注文して、10月に苗が届き、10株植えたもの

30タイム20180427
昨年花が咲いた後の剪定枝を撒いて土を被せた
伊吹の生垣の真下で
朝日しか当たらない北向きの
畦畔に植えた
やっぱり殆ど花を付けなかった
しかし、本来の雑草よけの目的は果たした



平戸つつじ

10平戸20180423
平戸つつじ しっかり刈り込んだらよく咲いた

12平戸20180423
伊吹のひと枝を喰った平戸つつじ
刈り込みが少し浅かった


卯の花(卯木・空木)

16卯の花20180423
石垣に草が生えていたので川に入った

424卯の花20180424

20卯の花20180427
まだ7分咲

50卯の花20180428


427の3卯の花20180427
満開の先っちょで我慢して

48卯の花20180428
まだ9分


卯の花が咲くと夏の花が待っている
40バラ20180427
42夏みかん20180427

あとがき
2年前、動くロボットなどは動画がいいですよとご指摘を受けた
今回、タイムの白い坊主頭が風に揺られているのを見て挑戦した
1日で出来たが、次の日には忘れていた
初めから調べ直しだ
タイトルの「タイムが咲いた4」は「・・咲いたよ」で4回もやり直したよ
それだけに動画が出来たのはものすごく嬉しい
感謝!感謝!

まだ宿題はあるよ
4年前からの動くイラストとか
真っ黒なトイプードルをしゃんと写せと言う人もいる

スポンサーサイト



季節の水墨画


もうすぐ夏がくる

61かきつばた絵手紙3
花の中央に黄色が見えると杜若

DSC03148.jpg
蔦葉海蘭(つたばうんらん) 
花言葉は「遠い夢」
我が家の四大雑草の一つ
引いても引いても根から引いても出てくる
何時になったら根絶できるだろう

DSC03113.jpg
カラスがやってくるので
チョッと警戒している

水温21℃
もう、♂が♀の下でクルクル回ってナンパしている
逃げ回る♀が多いが
時には逆襲するのもいる

オスなるものメダカも人も同じだなー

蕨と筍をもらった


4月9日
嫁の実家から
わらびをもらった
DSC02997.jpg

お返しには
仕込んだ直後の味噌1樽を手土産に
これは春のやりとり

これも食べきれないので
あちこちおすそ分け




4月19日
大きな筍をもらった
DSC03125.jpg
靴と比べて
根っこの直径が20センチもあった

DSC03130.jpg
隣に1本持っていったら
いきなり「筍と烏賊の木の芽和え」をもらった

DSC03132.jpg
早速茹でて
大きな鍋を動員

DSC03145.jpg
佃煮をつくる
腕を振るって筍と烏賊の木の芽味噌和えを作ろうと
思ったが隣からもらったので
作りそびれた

主に佃煮になった



ババさんがスズキを捌きだした

これくらいなら私も捌けるといって
ババさんがスズキを捌いた

2セイゴ20180408
台所ではウロコが散るといって
外で捌いた

4セイゴ20180408
ウロコは翌日には
カラスが食べて無くなっていた

6セイゴ20180408
ババさんも海の近く生まれだから
綺麗にさばく

8セイゴ20180408
結構上手です

10セイゴ20180408
早速腹身の刺身が夕食に
おすましも

2スズキのホイル焼き20180409
スズキのホイル焼きギー風味



4月15日
Tさんから「ヒラスズキ」をいただいた
初めて聞く名前のスズキだ

2ヒラスズキ53センチ20180415
体長が50cmですがメタボのスズキ

6ヒラスズキ20180415
ババさんに任せた
このところ魚の捌きはババさんに取られた
名目はウロコが飛ぶとかで

8ヒラスズキ20180415
マコがあった
辛めの煮付けが美味しかった


幸せ幸せ!

胡瓜の醤油麹漬け


味噌をつくるついでに米麹も作っている

DSC03116.jpg
ある程度乾燥したら

DSC03151.jpg
小分けして冷蔵庫に保管する

ババさんがいつも麹醤油を作って常備している

いつでも胡瓜を漬けている
胡瓜の麹醤油漬け

DSC02984.jpg
胡瓜の醤油麹漬けのレシピ
・米麹 200g
・醤油 500cc
・昆布 5cm角 1枚
・唐辛子 1本
以上を作り置き
胡瓜の乱切り2本分

とても手軽で美味しい

DSC02989.jpg
トマトを切って醤油麹をかけるだけ

額に飾ってもらいました

またまた「shrimp cafe」の「kotobuki」さんがやってくれました


2クリローの鉢飾り20180415
一段と上品に
開花時期が合えば
パーティーなどに

2椿の石臼飾り20180415
これだけ立派に飾ってもらえるなら
もう少し色のバランスを撮ればよかった
鉢や石臼を綺麗にしてやれば良かった

花は思ったほど使わないよ
隅っこに遠慮しながら咲いているのを使うので
殆ど見栄えに影響がない

寿命が1日しかないのが欠点



来年のために
10クロリー20180417
クリスマスローズを
草取り、肥料やり、陽がよく当たるところに出しました
今年生えた実生を鉢に植えました

4椿の石臼飾り20180416
椿は
今年は選定をせずに思いっきり伸ばします
ウエデウングドレスのように純白の花を全身に付けるでしょう


来年にご期待を

花が咲いた


平戸つつじと卯の花とタイムが咲いてから上げようと思っていたら
間違って上がってしまい
コメントまでもらったので
このまま上げておきます

DSC03091.jpg
平戸つつじ

DSC03054.jpg
なぜか育ちが悪い薮椿

DSC03066.jpg
雨に打たれた牡丹
すみません来年から傘を差します

DSC03069.jpg
すずらん

DSC02828.jpg
水仙

DSC02847.jpg
梅桃(ゆすら)

DSC02975.jpg
満天星と沈丁花

DSC02986.jpg
利休梅

DSC03052.jpg
卯の花のつぼみ

DSC03062.jpg
タイムのつぼみ

DSC03016.jpg
ノースポール

DSC03103.jpg
武蔵鐙(むさしあぶみ)=浦島草(うらしまそう)=蝮草(まむしくさ)

DSC03023.jpg
フリージャー

DSC03025.jpg
むべ

DSC03034.jpg
雨に打たれた牡丹

DSC03012.jpg
チューリップ

DSC03074.jpg
エビネ蘭

DSC03077.jpg
ひめうつぎ

DSC03082.jpg
シラー

DSC03087.jpg
大株になったクリスマスローズ

2五色椿20180417
散り際がすごい五色椿

DSC03096.jpg
平戸

DSC05232.jpg
山吹

DSC03105.jpg
伊吹を食い始めた平戸



名前が日本一長い大学

定員割れが続いた
山口東京理科大学に

平成30年4月

「公立大学法人山陽小野田市立山口東京理科大学薬学部」が新設され

その入学倍率が15.8倍でスタートした

DSC06726[1]
定員割れなく、名前のように長く続くことを願っている

初回の倍率に浮かれないで
・アルバイト先
・バスの便
・飲み屋など
  しっかり確保してやって欲しい



「山陽小野田市立山口東京理科大学」の15文字は
名前がどうやら日本一長いらしい
今までは
「日本赤十字九州国際看護大学」13文字

短いのは
「呉大学」

椿 ばんざい

椿愛好家の皆さん喜んでください

先日アップした「我が家の椿」に対して

こんな嬉しいコメントをいただきました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

椿って、病気に強くて丈夫なんですよね。
> 首を切られた様に落ちる花を、お武家様が嫌ったとか言われてますが、
> その昔は、武家屋敷にしか植わってなかったそうです。(高貴な庭木)
> 新芽が出た後で、古い葉が落ちるところから、
> 「子供が育ったのを見届ける」と言う意味で、喜ばれたそうです。
> 長寿、長命、長生きする事を、「椿寿」(ちんじゅ)と言い、
> 喜寿や傘寿や米寿や卒寿や白寿など、全てのお祝い事の頂点が椿寿だそうです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
病気に強いことと首を切られてポトリは知っていたが
それ以外はこの年81になるまで
屋敷中椿だらけなのに知らなかった


ブログ「shrimp cafe」の「kotobuki」さんから
もらったコメントを見るまで知らなかった
続いてこんなコメントをもらったよ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

椿寿は、年齢に置換えて使う事がないので、馴染みがないですよね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんなところにも使われていたよ

特別養護老人ホーム椿壽
特別養護老人ホーム椿寿の里
ディケアセンター椿壽荘



DSC05231.jpg
よく見たら我が家の五色椿はポトリではなく
殆どがヒラヒラと散っていた

40鉢飾り20180404椿が大好きになったよ



DSC02787[1]
米寿を迎えたら

次は椿壽のだるまを作ろう

博多ラーメン

小学校からの幼馴染が
福岡で博多ラーメンを買ってきたから
一緒に食べようと二人に招待があった

DSC05234.jpg
細めで腰の強い麺でした
久しぶりにトンコツラーメンを食べた

DSC05236.jpg
美味しくいただきました

DSC05235.jpg
むかし
くんざんが仕上げた丸表装の軸を掛けて迎えてくれました
(本紙は当家の箪笥の中に有ったものでした)

話題は
今後の健康、墓、子供達、役に立たない家屋敷のことでした
少し重たい話のときはラーメンとよく合う

プロフィール

くんざん

Author:くんざん
FC2ブログへようこそ!
 料理・水墨画・表装・DIYに挑戦しています。
山陽小野田市の旧跡を尋ねるウオーキングを始めました
傘寿を迎えてもうひと頑張り、♂です

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR