FC2ブログ

カミソリ


この一年間
毎日のように訪問していただき
有難うございました
お陰さまで
なんとか続けることができましたこと
有り難く厚くお礼を
申し上げます


年が変るので
電気カミソリからカミソリに主力を代える
電気カミソリを長く使うと見えにくいアチコチに
長い白髪が残ってすごく年寄りくさい

二枚刃のカミソリに変える

DSC03841.jpg
「Schich」 1袋13個入り754円を買ったら
よく剃れること、剃れること

DSC03842.jpg
2枚刃でよく剃れる
持ちもよい

DSC03839.jpg
DSC04461.jpg
古いカミソリは捨てた
シェーバーは緊急用になった

頂いたギーでお肌を仕上げたら
かなり若返った気持で新しい年を迎えることが出来そう

良いお年をお迎えください

スポンサーサイト



輪飾り その2

裏白は軽トラで10分走って
市道の法面で10枚ほど頂く
ゆずり葉は同じところに生えている、10枚ばかり頂く

一夜飾りはいけないので31日は飾れない
29日はクがつくのでだめだとか
結局30日に飾ることになる

輪飾りが完成した
DSC02088.jpg
玄関、車庫、勝手口
国旗・海老・扇子はつけない
橙だけの方が素朴で力強い

DSC02087.jpg
橙は葉っぱをつけて

DSC02093.jpg
神棚、台所、鏡餅
裏白やゆずり葉は麻紐でなくレモングラスで縛るとよかった

DSC02090.jpg
門松(玄関の両脇に)
松竹梅を和紙で巻いて、熨斗をつけて、水引で巻く

レモングラスで作ると
育てやすいし確保が安定する
手が荒れないで
少し小ぶりになるが作りやすい
これにて一件落着

ドイツとインドからの贈り物

ドイツのクリスマスケーキ「シュトレン」をもらった
初めて聞き、初めて見るものだから
調べるのが大変

DSC02074.jpg
調べている間に孫たちが味見

このシュトレンは真ん中から薄く切り始める
食べる分だけ切ったら両側を合わせて保存する
クリスマスに食べ終えるのが正しい食べ方とか


合わせて、これも初めての「ギー」なるものをもらった
最初はオリーブ油が固まったのかと思っていたら
4シュトレン20171223
インドを中心とした
食用に用いるバターオイル
食用の他にしばしば宗教儀式で神に捧げる
また、お肌のマッサージやケアにも使われる

初物を食べたら東を向いて笑います

くんざんのお顔をマッサージしてお顔のアップを出そうかな

さらに、綺麗な干しりんごも頂いたが
写真を撮る前に孫たちの餌食になっていた


1日遅れのメリークリスマス!
DSC02078.jpg
シュトレン、薔薇(ディズニーランド)、ローズマリー、千両、万両、八ッ手、南天、ナンキンハゼの実

これなかなかいいね
そのままテーブルにかざれるぞ!

一切れ減っている、ババさんがつまんだ!

DSC02082.jpg
本物のチャイニーズホーリー(ヒイラギモチ)が
なんと隣の家にあった

レモングラスの輪飾り、ナンキンハゼ、ローズマリー、八ッ手、千両
公園にあった黄色い実の蔦

クリスマスケーキとリース

クリスマスケーキらしいものを作った

2クリスマスケーキ20171216
上の子がピアノを習っている間の50分間につくる

DSC02055.jpg
ターンテーブルでなく天ぷらを置くもの?

4クリスマスケーキ20171216
下の子もなにかやらないと

DSC02052.jpg
食べるのが仕事

DSC05027.jpg
何やら書いている

DSC05033.jpg
完成
ジジの分はビスケットのケーキを3枚残してくれました

孫たちに、余った輪飾りでリースを作らせた
DSC02067.jpg
近くの公園や我が家から集めました
八ッ手の蕾、ナンキンハゼの実(白)、千両、万両の実
万年青の実(大)、ローズマリー

DSC02068.jpg
枝の固定やバランスが難しいようだった
メリークリスマス!


竜田川

12月11日に
山陽小野田市に強風と寒波が来た
朝から、3~4℃の9~10m/sの風が吹いた

南北に走る県道に植えてあるカナダ楓が強風で葉を落として
強い西風に乗ってこの水路に吹き寄せられた

2竜田川20171211
農業用水路がからくれないになり

4竜田川20171211
かの有名な竜田川になった

本来、外路樹は
枯れた葉は、小さく砕けて排水口を塞がないようなものが選ばれている
カナダ楓もそうである

ところが川に落ちると枯葉は水分を含み
本来の赤子の手のような形に戻る

思わぬ風のいたずらで美しい川に変身した
ちょびっとコンビニのゴミも混じっているが


今日12月22日は冬至
DSC02069.jpg
南瓜を食べて

DSC02070.jpg
柚湯に入った

どのぐらい米寿まで近づいたのだろうか

トイレの温風機

11月下旬のブログに
浴室の暖房は
新たに電気器具やガス器具を取り付けるより
すぐそこまで来ている湯を使うべきと書いた

DSC05004[1]2温風機20171211
そしたら
トイレに温風機を付けろと教えてもらったので
早速買った

人が入ったら直ぐON・・・人感センサー付き
暖かい温風が出る・・・・1200w
すぐに出る・・・・・・・・・・・セラミック
を買った。8,000円

DSC02011.jpg
ジジさんはストールで用を足したあとにホワッと温風がくる程度だが
ババさんには好評!!!

このトイレには普段付かないのが2つあります
①白い配管は:壁の中の水道管が破れて漏水した壁の中なので修理ができないの外付けとなった
 築45?ぐらいは持たしてもらわないと
②トイレットペーパーホルダーが2つある:便器を使ったことがない左官屋が取り付けた。どうして右?といったら「タンクに向かって用を足す」とか。外すとビスの跡が残るのでそのまま残した

DSC01982.jpg
洗面所は
旧式の電気ストーブであまり効率が良くないが
破れたときには最新の温風機に代える予定

ヒメコレ2017 白い九十栗

「白い九重栗」も頂いた
6ヒメコン20171205
2.2kg

DSC01898.jpg
肉付きも面白い

「4 南瓜の味噌漬」
DSC01900.jpg
薄く切って塩もみして半日置く
水分を拭いて味噌床に漬け込む
味噌床
 味噌200g、みりん大さじ4、酒大さじ2、にんにく摺りおろし1片

DSC01910.jpg
12南瓜味噌20171213
コクがあり甘くて美味しい
にんにくが多いと韓国風味になりそう


5「白い九重栗」南瓜の甘露煮
2南瓜の甘露煮20171208
ピーラで面をとると可愛くなるが
包丁で取ったほうが美味しそうに見える

4南瓜の甘露煮20171208
キメが細かくて上品 美味しい
置いておくと孫たちがヒョイ
ジイジイがヒョイとつまむ
嫁がパックに

非常に火の通りが早いので目が離せない


「6 白い九重栗南瓜の味噌漬けのてんぷら」 
てんぷら
「4 南瓜の味噌漬」を天ぷらにした


手間はかかるが
どんな祝い事に出そうかと思案したほどの

珍味である

180℃で上げると焦げる
塩が強いので170℃でゆっくりと揚げる

来年はマコモダケもやってみたいですね
・我がブログの12月9日「入れ歯の完成」祝いで宇部市のホテルの鉄板屋のステーキの前菜にマコモダケが出た
・所さんの目がテンの「科学の里」でマコモダケを植えた
・9月9日、NHK福井放送局越前町○○みつけ隊」でマコモだけの特集があった
・たしか「音・風・水」さんも植えられたはず

マコモダケ!!!が来ている

ヒメコレ2017 諏訪湖姫生大根

諏訪湖姫の生大根
4ヒメコン20171205
2.5kg

「2 諏訪湖姫大根の田舎漬」
18田舎20171206
1.7kg
DSC01988.jpg
大根を縦二つに切り3日間干す
さらに
唐辛子は「音・風・水」のsukunahikonaさんから今年の9月にもらった
特別辛いインド唐辛子
青いインド唐辛子2インド唐辛子20171208
乾燥して保存していたら
早速使う機会が来た

DSC01989.jpg
醤油、酢、みりん、インドの唐辛子、柚の皮のそぎ切りを合わせる

DSC01990.jpg
大根を7~8mmの厚さに小口切りして漬ける
重しは不要
3日後には食べられる

12田舎漬20171213
左は後期高齢者用に太い千切りにした
もう少し濃いあめ色になるでしょう

コクがあって美味しい
辛さと香りが何時までも続く漬物の王様


「3 諏訪湖姫大根のピクルス」
4ピクルス20171208
大根3本の皮を剥いて、塩をすり込み、軽く重しをして一晩置く
熱湯に通し水気を拭いて冷ます
瓶に詰め、ピクルス液をかぶるまで入れる

ピクルス液
ワインビネガー1カップ、水2カップ、砂糖大さじ3、塩大さじ1
インド唐辛子1.5本、ローリエ1枚

これからはおせちの間に


次回は
白い九十九里南瓜の味噌漬けと甘露煮です

ヒメコレ2017 諏訪湖姫大根の麹味噌漬け

ブログ「音・風・水」のsukunahikonaさんから
干された姫様が2.5kg
生の姫様が2.5kg
南瓜が2.2kg 1個
全て無料で送られてきた
2ヒメコン20171205
2.5kg

4ヒメコン20171205
2.5kg

6ヒメコン20171205
「白い九十九里」という名の南瓜2.2kg

諏訪湖姫大根お料理コンテスト2017が
諏訪湖姫大根お料理コレクション2017に名前を変えて
さらに略称がヒメコレとなった

第1回はべったら漬けを作った
第2回は煮物、炒めもの、蒸し物、おろし大根、炊込みご飯を作っているので
第3回は規格外の大根の利用法はやっぱり漬物に落ち着くのだろう


全て無料で届いたので
我が家でも、すべての材料を買うことなく調理することにした

米麹は今年の春に作ったもの
2米麹20171211

味噌もこの春作ったものを使う
2春の味噌20171211


1 「諏訪湖姫大根の麹味味噌漬」
2ヒメコン20171205
2.5kg

12味噌20171206
本来1週間程度干すが既に干してあるのでそのまま漬ける
大根を縦半分に切る 1.8kg

14味噌20171206
仮漬けをする 塩30g

16味噌20171206
水が上がったら本漬けする

12麹味噌20171213
漬け床の材料を合わせる
味噌1kg、米麹500g、みりん100ml、ざらめ100gの豪華材料だから

美味しいのは間違いない

DSC01993.jpg
大根を隙間なく漬ける
1月後をお楽しみ


次回は
諏訪湖姫大根の田舎漬けとピクルスです



魚のお礼

今年はTさんから
鯛、鰤、あこうなど高級魚を沢山もらった

ここは、くんざんが腕を振るわないといけないと思った

22色紙掛け20171208
久しぶりに京都から裂地を取り寄せ
沈み風袋色紙掛けを表装した

上部の裂地は 正絹玉入りパー、薄地の裂地
中央部の裂地は 貴船緞子 厚手の高級絹織物
下部も上部と同じ裂地

2魚のお礼20171211
暮れに渡すので
年賀状がわりの色紙を描いて一緒に贈ります
この中に「来年もよろしくお願いします」
とは書けなかったです

日付は「平成ぼじゅつ」と読むそうです
「成戊戌」と同じような字が三つ並んで縁起が良さそうで使いました


久しぶりなので掛け糸について

26色紙掛け20171208
掛け糸の位置を決める

28色紙かけ20171208
手芸用の細いテープを掛け糸に使う

DSC01983.jpg
色紙の縦・横が使えるように取り付けたので
「沈み風袋 縦横兼用 色紙掛」ができた

プロフィール

くんざん

Author:くんざん
FC2ブログへようこそ!
 料理・水墨画・表装・DIYに挑戦しています。
山陽小野田市の旧跡を尋ねるウオーキングを始めました
傘寿を迎えてもうひと頑張り、♂です

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR