FC2ブログ

やっぱ また石か

こんなん 出来ました

DSC01357.jpg
メダカの水槽に浮かべるカエルを置きました


DSC01345.jpg
DSC01343.jpg
DSC01348.jpg
石3個 ホームセンターで買いました

DSC01354.jpg
花木を植えるのは、まだこんな力で

DSC01358.jpg
玄関前に置いてみました


DSC01352.jpg
苔が5ケ月でこんなになりました
誰か気がついて声をかけてくれるでしょうか

DSC01360.jpg
玄関前のプロムナードに彩りを添えました


DSC09315.jpg

苔はオウゴンホソバマンネングサです
  捨てておいても育ち
  水にも乾燥にも強く手がかかりません
  結構育ちも速い

 何か面白くなりそう
  

我が家にも栗がきた

大きな栗が来た

DSC01301.jpg
山口県美祢市西厚保の大きな栗が


DSC01332.jpg
まずは定番の栗ご飯

次は新栗のうま煮か
渋皮煮か
おせち用に甘露煮か


次の料理を待っていたが2日経っても出てこない

残りは栗が大好きな妹に送ったとか

ジイジイも栗がすき・・・



台風の後始末

気象庁は最近スーパーコンピュータを導入した
そのスパコンの計算能力が23倍になったらしい

しかし、なぜか大げさでハズレが多い

2日前に台風の中心が山口県を通過する予報が出ると
台風に備える

DSC01364.jpg
取り敢えず雨戸を閉める


DSC01363.jpg
台風が外れるとホットするが

このところ殆ど外れている
予想後の変化が大きいと思う
何か大風呂敷のような感じがする
早くこのスパコンを使いこなして欲しいものですね

睡蓮はメダカの水槽が大好き

なぜか睡蓮はメダカの水槽でよく咲く
メダカの餌が栄養になるのでは

26日だるまの水槽
つぼみが小さい時は水中
咲く前3~4前になると水面から顔を出す
これは開花2日前


26日8時開花画面5
これは水面から飛び出して咲いている


だるまの水槽が咲く画面1
これは水面に接して咲いている

25日次の花芽右下は台風の時開花したもの画面2
3~4日咲くと開かなくなり
水面に倒れ、このままの状態で腐る
まるで点滴で生かされている人間と同じ姿
救いは次のつぼみが出ている
次の花が咲く
前回の台風が来たときに咲いた花
底に沈んで腐りかけを上げて撮影
根元の蕾はまた台風のさなかに咲きそう


溺れる1
急に雨が降り水面が上昇すると溺れそうになる


溺れる2
茎は急には伸びず水没しかない


睡蓮と布袋葵は相性が良い画面3
睡蓮と布袋葵は咲く時期が同じなのかよく一緒に咲いている


太り過ぎ画面4
ウォータマッシュルームがこんなに大きくなった
70cmの大たらいいっぱいに育った
メダカが周りの縁に追いやられている

台風一過
この水槽の睡蓮は台風が好きらしい
前回の台風通過時に咲いた花殻が右
今回通過後の6日の朝8時に咲いた(まだ十分に開ききっていない)花

没ばかりの川柳


毎日新聞の「中畑流万能川柳」に投稿している
ここには年間580000句
毎日1600句投稿され18句が入選になる
くんざんはここ2年全く入選しない

自分のブログに投稿してイライラを解消することにした
訪問者には迷惑な話で申し訳ありません



わが屋敷 銀座に運べば 200億

 今年の路線価日本一は東京銀座鳩居堂前が2696万円/㎡
 田んぼの中にある海抜0.5m、周りは空家だらけの
   200坪の我が屋敷を移動することができれば
 200坪×3.306㎡/坪×2696万円/㎡=178億円となる
 その内3億円を使って3人の孫を都庁の職員にするぞ
 ジジは大金持ちの江戸っ子になるぞ
  でも、ブログだけは続けるぞ


温暖化 肺活量まで 税金が
 猛烈な勢いで温暖化が進んでいる、もう数年すると個人の肺活量に応じて温暖化税がかかってくるぞ


没千句 岸壁の母 思い出す
 この2年没ばかり、それでももしやもしやと思って朝刊を見る


渋柿と 書いても傍に 捨てている
 道路沿いに植えてある渋柿に「渋柿です」と書いある札を下げても、一口かじって捨ててある


数の子が 入れ歯で遊ぶ 松の内
 おせちで最後まで残るのは数の子


すみません m(_ _)m  お粗末でした

草が伸びほうだい

我が家から300歩のところに大型スーパーがある
DSC02388.jpg
新しい有帆川大橋も架かり大繁盛している


DSC01276.jpg
一方、隣の田圃は所有者が高齢で近くの人が唐辛子を植えている


空家の裏の畦畔
2軒隣のお家の裏の畦畔は草ぼうぼうだ
畦畔は法的には国の土地であるが
普通美観のため隣接している人が除草している
夫婦とも施設に入られ空家になっている


三軒隣は立派な果樹や野菜を沢山作られているが
老夫婦だけでだから何時も余っている
キネリが熟している
キネリももぎ手がない
誰も食べる人がいない
ポンカンも余っている


泥止めの彼岸花
土止めの曼珠沙華の右側の畦畔も草だらけ
ここも住人がいない


百日紅も咲いている
百日紅と曼珠沙華は綺麗に咲いている
その右先も草ぼうぼう
田圃を耕す人
畦畔の草を刈る人がいない


今年は猫じゃらしが
去年までは定規で線を引いたような柴垣であったが
今は猫じゃらしもぼうぼう
ここも住む人がいない

わずか500m足らずの農業用水の傍には
この一年で4軒の空家ができた

DSC07097.jpg
田圃は沢山残っているが
それを耕作する人は高齢になっている

農家の安全や豊作を願って来た庚申様のお祀りは
細々と続いている

我が屋敷を東京銀座に持っていきたい



プロフィール

くんざん

Author:くんざん
FC2ブログへようこそ!
 料理・水墨画・DIYに挑戦しています。
山陽小野田市の旧跡を尋ねるウオーキングを始めました
傘寿を迎えてもうひと頑張りです。米寿を目指しています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR