FC2ブログ

茄子の揚げ浸し

本来胡瓜や茄子は太い状態で食べていた
胡瓜なんかは半分に割って
種を除いて食べていた

DSC00774.jpg
大きなナスを沢山もらった
萩のたまげなすのように大きいものを
米茄子の揚げ浸しのレシピで作った
米茄子より水分が多くて柔らかい

DSC00837.jpg
生姜おろしも忘れずに

これもしっかりした和食の定番料理


レシピ
茄子の揚げ浸し_20160726_0001

スマートなメダカ

前回はメダカの様子とともにずんぐりむっくりのだるまメダカを投稿した

DSC00893.jpg

ところが
ご婦人の皆様は
この体型から色々なことを想像されるらしく
あまり好意を示されない

我が家には他にも
いろいろなメダカがいるので
スマートで見ていて爽やかなメダカを紹介します

楊貴妃808の1
楊貴妃です

楊貴妃808の2
特にお腹からすーと細くなる線が美しいです
オリンピックでいうと水泳の池江璃花子似です

大和808の1
大和メダカです
一番スマートなメダカです
オリンピックでは
山口県出身の卓球の石川佳純似です


大和808の2
保護色で背中の線が薄くなっていますが
精悍な姿はカッコよいでしょう
日本の在来種です


ピンク808の1
ピンクメダカです


ピンク808の2
オリンピックの卓球の福原愛似です
可愛くて似ているでしょう

これら皆んな同じ親の水槽に住んでいます

猫や犬ほどの愛情表現は有りませんが

足音を忍ばせて水槽を覗くと

睡蓮の葉の下から顔を覗かせ

旦那さんご機嫌よろしゅうと言ってくれます

その後のメダカ達

水槽もだんだんと鑑賞用らしくなってきました

DSC00827.jpg
孫たちの水槽で布袋葵が咲いた


DSC00828.jpg
同上

DSC00835.jpg
観賞用親の鉢 ウォーターバコバ


DSC00869.jpg
同上


DSC00740.jpg
子供たちの大タライの睡蓮 再掲載


DSC00842.jpg
子供たちの水槽で


DSC00864.jpg
ウォーターマッシュルームが大きくなったので子供のタライへ


DSC00865.jpg
中央 アラハシラゴケ?  右端 オレンジミリオフィラム


DSC00896.jpg
門柱のそばの水槽で布袋葵が咲きましたが


DSC00867.jpg
親達は花より団子
睡蓮の葉の下から ごはんまだ?


DSC00903.jpg
蜂は毎日水を飲みに来ます
飲むことに一生懸命で
少々近づいても気づきません



おはよう
親たちの水槽 朝食前の様子


朝飯だ
親といえども食欲は旺盛
卵はあまり産まないが
まだまだ元気だ

DSC00893.jpg
だるまメダカもこんなに可愛くなりました
21尾おります





夏日を涼しく

暑い日の過ごし方は
一生懸命に考えなくてはいけない

DSC00862.jpg

葉、花柄、小枝、実などを落とし一年中悪さをするこの楠木が
夏だけ役立つ

庭先での仕事は
出来るだけこの楠木の下で作業をする

家の中の温度31℃
楠木の下の温度32℃、しかし風が吹くと
大型スーパーに入ったように涼しく感じる
とにかく涼しい

本当は木製の作業台を置きたいのですが


次は寝室
DSC00858.jpg
夏の夜は
エアコンで1時間
後は扇風機の出番、穏やかな空気の流れを作る

胴縁で枠を作り、ネットを張る
(障子戸の紙を剥がしネットを張る)でもよい
敷居の外側に打ち付ける
扇風機で部屋の空気を外に追い出すと


DSC00875.jpg
反対側の網戸から
外気がゆっくりと暖簾を揺らし
室内に穏やかな流れができる
この流れが体感温度を低める
ゆったりとした流れは29℃でも涼しく感じる
「とと姉ちゃん」を見逃すほどよく寝れる

どうしてもエアコン派ならば
部屋を25~26℃で冷やしておき
寝る直前に28℃にする
朝までそのまま、これも快適

くんざんは扇風機の方が好き

鶏もも肉の南蛮漬け

唐揚げの命は
外がカリカリ
内がジューシー

唐揚げの部分だけは
NHKが全国チェーン店の社長を引っ張り出しての放映でした
手間はかかるがジューシー
二度揚げが命

DSC00683.jpg
いつもダイヤモンド砥石でチャッチャッと砥いていたが
久しぶりに中砥、仕上砥で砥いだ
鶏肉はよく研がないと身と皮が離れる


DSC00684.jpg
この暑さでも
南蛮ソースが食欲を増す


DSC00685.jpg
ジューシーさの秘密は
チョット手間だけど2度揚げ
写真は南蛮ソースを乗せすぎでカリカリ感が出ていないのが残念

鶏の南蛮漬け

桐箱の結び方

二十数年前萩焼の香炉が割れたので
焼きなおしてもらった
家に持ち帰って
改めて眺めた後、納めようとしたが
結び方が分からなかった
桐箱の紐は皆グチャグチャのまま
あちこちオッポリ出されていた

この度、これを解決するとブログの種になると思い
ネットで調べたら簡単に見つかった
皆さんご存知のことと思いますが
投稿します

結び方1
底に紐を通す


結び方2
表の紐は写真のような形に


結び方3
右に出ている紐を上から通し左下に流す


結び方4
下から出ている紐を上から写真のように通し右上に流す
両方の紐を強く引いておく


結び方5
左下に流れた紐を右上に折り上げ「わさ」を作る


結び方6
右上に流した紐を「わさ」の上から折り返す

結び方7
重なった部分を盛り上げると輪になっている

結び方8
この輪の中に折り返した紐で「わさ」を作り
その輪の中に差込み、左上に引く


結び方9
結び目を強く固め、左右上下バランスをとり形を調える


結び方10
完成
二十数年ぶりに正しく結んだ
安心した
結び方のコピーを底に入れておいた


プロフィール

くんざん

Author:くんざん
FC2ブログへようこそ!
 料理・水墨画・表装・DIYに挑戦しています。
山陽小野田市の旧跡を尋ねるウオーキングを始めました
傘寿を迎えてもうひと頑張り、♂です

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR