加齢臭なんて名前をつけて


花の香りは洗剤や石鹸からくる
あの強い香りではありません

ババさんのバラが庭中満開の時でも
1本の夜香木の香りでかき消される
爽やかな夏みかんの花の香りですら
バラの花の香りを消してしまう

ジジさんは脂性ではありません
汗をかいたら自分で風呂を沸かして入っている

肌着は毎日替えているし、いや脱がされている
歯槽膿漏もないし、いやちょっとある
にんにくは食べないし
タバコも吸わないし
タバコを吸いたての若者が側を通ると今吸ったなとわかるし

庭の雑草の香りもわかる
3食は一汁一菜~二菜で静かな食事をしている
どこから匂いが出るのか

脱いだ下着やパジャマはそのまま洗濯機へ
家中ラベンダーやどくだみがやたらと吊るされている

「加齢臭」という言葉は気に食わない
老人臭なら多少わかるが
加齢臭と名付けるのはやりすぎだ
石鹸はおろか洗剤まで香料を入れいる
衣服まで香料を含ませている
仕事中の円管服(つなぎ)からも香りがするが
仕事中は汗の臭いの方が馬力が出る

女も男も強烈な香りに包まれ
発情臭まで殺してしまい
メスやオスの匂いがしない

昔から化学物質は体に入れるなと言われている
DNAを次に受け継ぐ若者が香料の世界の中にいるようだ

昔のように清潔さを連想させる固形石鹸の香りが好きだ


むかし、神様が発情期の回数を決めるために動物を集めた
初めに元気のいいねずみが前に出た
ねずみ:「神様、何回頂けるのでしょうか」
神様:「お前は、年に12回だ」
続いて牛が
牛:「何回頂けるのでしょうか
神様:「お前は、年に2回だ」
牛:なにィ、あんな小さいねずみが12回で、なんで俺が2回だ?
 と暴れて神様の衣を汚した
機嫌の悪い神の前に恐る恐る出た人間は
人間:「あのー 何回頂けるのでしょか」
神様:「勝手にせい!」

幸運にも「年中発情期」になったのだから
大事にしなければ






スポンサーサイト

デートの小路


我が家に隣接する農道は
高校が近くにあるので
人道りの少ないこの道でよくデートしている
手をつないで歩いたり
自転車の後輪の軸の上に
女生徒が立って二人乗りをしている

DSC00409.jpg
左の農業用水路に落ちた二人乗りもいたが

右の植え込みも結構危ない
15メートルにわたってバラが植えてある
植えて15年以上経つので刺がでかい

レモングラスの葉が道近くまで垂れている
この葉の側面はカミソリの刃のようによく切れる

柚の木の刺は枝から裁縫用の針が出ているようなもの
自転車で突っ込むとひどい目に合う

話に夢中になり植え込みに突っ込まないように

祈りながらしっかり剪定している

間違い絵さがし

父の日を前に嫁から
日本酒と「まちがい絵さがし」をもらった

1 父の日201606
酒は早速飲んだ


2 父の日201606
冷酒で美味しかった


4 父の日201606
まちがい絵探しは苦手ではないが得意でもない

次の日から3日かかって全110問が済んだ

DSC00514.jpg
4日目以降、再点検をすると
60~70%の割合で
新たな間違いが見った
・・・・・
当然なのか・・・
こんなはずではなのか・・・

まあ、全110問アタックしたことに乾杯だ!

DSC00547 - コピー
出版社にくじ引きに応募した
なにか当たるかも知れない


DSC00548.jpg
しかし、酒飲んで遊んでいい時なのかな?


とと姉ちゃん - コピー (2)
とと姉ちゃんでお礼と現状を書いた



メダカの「飛」

ブログ「shrimp cafe」のkotobukiさんによると
卵から孵化した稚魚のなかには
飛び抜けて成長が早い稚児がいる
これを「飛(とび)」というと書いてあります

1 飛の稚魚
その飛だけを集めた水槽です
餌は既に親用を食べます
見るたびに大きくなります


2 飛の集団洗面器に移して写真を撮りました
体長の短いのが多い
既に親の水槽に移してもよいほど育ったのもいます


3 飛びの集団白、ピンク、緋が目立ちますが
黒のめだかは用心深く、素早いのでなかなか網にかかりません

4 
だるま系が沢山見えるのも嬉しい限りです

5 これ初恋?1
以前、初恋と楊貴妃やだるまをもらったことがあるので
そのDNAが残っていると確信をしています
これ「初恋」?
もうちょっと大きくなると分かるかな


6 これ初恋?123
これ、楊貴妃かも知れないぞ


7 なぜかだるま系がいる1
黒いだるまがいるぞ

これから先が楽しみだ!

このくらい大きくなると
昨日の大雨で水槽が溢れても
流れ出ることは有りません
これからが楽しみです

とういうわけで
今後は
①生まれた稚魚がどんなメダカになるか
   特に「飛」の成長具合を見る
②メダカを鑑賞しながらブログに載せる

1週間でこんな方針が出来ました
これでやってみましょう!


3羽しか来ない山口県八代の鶴の渡来地を見に来た人が
メダカの稚魚が10000尾以上もいるブログに来られ
アドバイスをくれました
さらに、その取り組みが良好であるとのことで
素晴らしい名前も頂きました

頂いた名前    ㋱組の旦那  (メダカのメ) 

愛称         薫さん
ブログ作者名   くんざん
水墨画の雅号   薫山
表装の屋号    薫仙堂

すべての名前が打ち揃いお礼を申し上げます 
ありがとうございました


メダカを鑑賞する

前回は稚魚を育てることに力を入れました

今回はメダカを鑑賞することを始めて見る

30鑑賞
鑑賞となれば睡蓮
睡蓮は楠の下の石臼に忘れていた
株分けしたら7株が取れた


DSC00385.jpg
先ずは
大だらいで睡蓮を育てる

34鑑賞
植木鉢の穴をボンドで塞いで
ヒメダカの親を10尾ばかり
ウォーターマッシュルームがすごい勢いで大きくなります

35鑑賞
これも植木鉢を転用する
白メダカを10尾ばかりを

36鑑賞
これも転用
黒い大和メダカを入れる

31鑑賞
堀炬燵の上に置いた
10cm弱のグラスに入れてみた
稚魚の中から「飛」を3尾入れた
三つ巴で喧嘩ばかりをしているので替えた

32鑑賞
親を入れたがやっぱり喧嘩をする
よく見たら♂と♂だった

33鑑賞
小さめの♂(緋)と大きな♀(白)を入れたら
ようやく穏やかになった
どっかの家庭と同じかな

容器が小さいのでチョット可哀想

DSC00523.jpg
LEGLASSなるガラスの水槽を買った
15cm立方、約3リットルの水槽
水の汚れが見えず
メダカが物凄く綺麗に見える
居間か玄関に置くか迷っている

「テトラキリミン」なる餌を買った
よく食べる、底に落ちたものまでよく食べる
摺鉢ですって稚魚にも試してみよう

大変
20日から21日にかけての大雨で
水槽の水が溢れて
稚魚が面白がって遊びながら流れた
(ほんと!言葉通りに流れるよ!)
約半数はいなくなった

しかしこれも自然淘汰
大きめの稚魚はチャンと底に残っている
残った稚魚はこれから大きくなる

事前にお手拭きのサイホンで水位を下げていたが
累計で100mmを超える大雨だった

DSC05712.jpg
お手ふきのサイホン
一度水に浸けて掛ける水が少しずつ外に垂れる


めだかの稚魚を育てる

稚魚

ババさんの知人の「会長」さんが
メダカをくれた

ババさんのバラを見に来るたびに
「どや!可愛いやろ」とメダカの水槽を覗く

なんとなくジジさんの仕事になって
なんの目的もなく
10年を超える

ところが
毎日の生活を
ブログへの投稿に切り替えたら
めだかがドンドン増えてきた

孫たちに卵を取り分けてもらったら
増えた増えた!

上から覗くと10cm平方に
50~100尾はおりそう

大阪の旅好きのお嬢さんが
こんなに増やして
どうするんねん!
計画的に子作りせんかい!

10 稚魚が沢山稚魚 再掲

どうしたらいいんじゃろうなー

取り敢えずこんなんの2本に絞った
①親を一箇所に集め、空いた水槽で稚魚を育てる
   何か珍しいものが出るのを楽しむ
②メダカだからゆっくり鑑賞をしよう


11稚魚
早速、稚魚を分けた ここ3つ


12稚魚
大たらいにも 4つ目
睡蓮も育てているよ


13稚魚
植木鉢穴をボンドで塞いで  5つ目


14稚魚
これはだるま系専用 6つ目
太郎や桃子や銀子がいるところ


15稚魚
これ「飛」専用で7つ目
「飛(とび)」:飛び抜けて早く成長したメダカ
なぜかだるま系が沢山いるぞ!!!
青いのもいる!
初恋らしきものもいるぞ!


20親
親は右上と右下の二つに集めた


21親
これはだるま系の親専用、太郎や桃子がいるところ


22親
孫たちが卵を取り分ける

稚魚はボウフラを食べないので
蚊も一緒に育てている、庭に出るときは
完全武装が必要

親はボウフラが大好物です




餌を食べ尽くす

5月を過ぎると川も
暖かくなり
鯉が上る
DSC09143.jpg
我が家の前の農業用水は
普段は涸れているが

鮒の遡上
6月初旬の雨の日には
鮒が川いっぱいに上ってくる


DSC00401.jpg
30センチまで大きくなったペットの緑亀もいる


DSC00273.jpg
5月以降の小潮の時は
鯉もニナを食べに大群で上ってくる


遊水地で釣れた巨大な鰻90センチ
農業用水が流れ込む遊水地には
90センチの鰻が釣れたり

P1010018.jpg
孫を連れて鮒釣りに行くと
30分で鮒11尾、草亀1匹、ブルーギル4尾が釣れる
何とか中の下の環境だ


DSC00394.jpg
今でも、すぐ近くの鯉が上れない浅い川にはニナが沢山いるが

DSC00280.jpg
鯉が上れる川では異変が起きている

水深が20センチあれば、50~60cmの鯉が大群で上り
殻が硬いニナを食べる
まるで人が梅干の種を割るような仕草で食べる
後には砕けた殻の破片が川底一面に残る

大群が上った後にはニナは1個も見当たらない


次の小潮には
ニナはおらず、しかたなく藻を食べています
自分たちが食べ尽くしたんだから仕方ないね

30年先の人間の食料問題を見ているようです


今は手を出していませんが
30年先には
この鮒や鯉は間違いなく
人間に食べられるでしょう



ちょこっと DIY

毎日の生活は
「ブログに載せるために仕事をする」ことにしたら
大型DIYは終了して
ちょこっとしたDIYだけ残った


DSC08384.jpg
簡単な踏み台を


DSC09326.jpg
台所からの溜め枡の整備
固まった沢山の油脂と流れ込んだ泥を除去した


はしご409
若い時に使った
アルミの梯子を小分けして
軽トラに積んで廃棄


椿の剪定
椿の剪定


DSC05557.jpgDSC05558.jpg
洗剤たわし入れの取り付け


収納たらい
風呂水利用のホースの
リール代わりにタライを


DSC09036.jpg
ブロック塀の汚れの様子
DSC00287.jpg
雨水が表側に流れ表面を汚さないように
シリコン・シーリングを盛る
DSC00286.jpg
洗剤で洗ってかなり綺麗に
次回はペンキを塗ることになる


サッシの隙間1
サッシの引き戸が傾き
上部に隙間ができ
風が吹くとヒューヒューと鳴る
サッシの隙間2
戸車が引っ込んでおり
サッシ下部のネジで調整した


DSC00389.jpg
伊吹の生垣の剪定
川の中から剪定
梯子の上がり下がりに膝が悲鳴
来年は無理かも





とと姉ちゃん

朝ドラ「あさがきた」も「とと姉ちゃん」も
タイトルバックが版画系なので
挑戦した

DSC08643 - コピー
DSC08653.jpg
DSC08842.jpg3月12日の「あさがきた」のタイトルバック 再掲


とと姉ちゃん - コピー (2)「とと姉ちゃん」のタイトルバック

バックの空を省略したので
縁どりをした

色紙用紙の裏面に刷り込んだ
いい味を出しているね

常子の思いは出ているかな


とと姉ちゃんテレビの画面から


DSC00370.jpg今回は原画の左右反転を忘れずに彫った

バナナを切る

NHKがやっていた
3月5日のマサカメTVで
DSC08646.jpg握って強く引っ張ると



DSC08647.jpg包丁で切ったように二つに


DSC08648.jpg三等分するには
皮を剥いて、先端の中央から
指を突っ込むと
正しく三等分になる

これ 使うときがあるだろうか



プロフィール

くんざん

Author:くんざん
FC2ブログへようこそ!
 料理・水墨画・表装・DIYに挑戦しています。
山陽小野田市の旧跡を尋ねるウオーキングを始めました
傘寿を迎えてもうひと頑張り、♂です

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR