復活 住吉祭り

復活して4年目
随分と賑やかになった
しばらく歩いていないので
ぴんころ WALKING in 小野田 として見物した
3.5km
4,750歩

1竹灯篭
住吉神社
小野田セメントの鎮守社
前夜祭で灯した竹灯篭



2よさこい踊り3
よさこい踊りコンテスト


3よさこい踊り1
よさこい踊りコンテスト
10チームが参加


4龍舞2
龍舞
雨の中ステージ待ち


5花笠踊り529
住吉祭り総踊り
ステージ待ち


6ステージ529
ステージ1


7舞台529
ステージ2
雨でテントの中は一杯


8福井忠次郎
小野田偉人行列
福井忠次郎、干拓地の総指揮者


10笠井順八529
笠井順八、小野田セメント創立者
今日は順八の玄孫(やしゃら子)が東京から参加されているらしい
井上馨の強力なバックアップもあった


11笠井真三529
笠井真三、二代目社長
持っているカバンはヨーロッパの外遊のしるし


12山手倶楽部529
二代目社長が建てた山手倶楽部
大正5年完成


13日本最初のブロック
二代目笠井真三がイギリスから持ち帰った金型で造ったブロック


14応接室529
山手倶楽部の応接室


15山手倶楽部ジャズ演奏
ジャズの生演奏の大広間


16電話台
電話台の猫脚
ブログ「今日のボルダー」のボルドーさんのお得意の猫脚があった


17猫脚の椅子
猫脚の椅子


18ピンチョス
ピンチョスでジャズの生演奏を聞く

疲れたので山手クラブの紹介で終わった
スポンサーサイト

本だるまメダカを孵化させる

昨年も1尾生まれたが転覆病に罹って死んだ
今年はなんとしても沢山繁殖させたい
だるま4はなこ1
待望の花子です
少し仲間嫌いでいつも一人でいるのが気にかかる


本命太郎半だるま雄
右が唯一の♂の太郎です、半だるまメダカです
左は♀の桃世です、彼女も半だるまメダカです
ネットによると、だるまメダカが生まれやすいのは
♀が本だるまで♂が半だるまめだかがよいそうです

DSC00071.jpg
めだかは保護色になる能力があるので
写真が撮りにくいし、分かりにくい
右上の緋めだかは太郎と喧嘩をするので外した


DSC00074.jpg
左端の大和めだかも太郎をいじめるので外した


オールドミス、喧嘩太郎、太郎、桃子1、桃子2、紅子1
苔がついた石臼のなかの写真


DSC00127.jpg
白い洗面器の中の写真、かなり白くなっている
どういうわけか太郎の他に♂を3尾入れたが
皆んな、太郎をいじめたり激しい喧嘩をするので外した
その結果このようなハーレムになった
太郎と花子だけの方がいいのか分からない

太郎のお気に入りは
1位 銀子
2位 桃子 桃世 緋女子
・・・・
最下位 花子 太郎も近づかないし、花子は何時も一人が好き
どうしたらいいもんじゃろうかのう


DSC00131.jpg
右の石臼はめだかたちのお住まい
左は卵と稚魚の鉢
手前の透明なケースはめだかを入れて♂♀を見るもの
稚魚は水が溢れると一緒に流れるため
鉢にお手拭きをかけ水位自動調整する


花子が2日後の27日の朝、死にました
外傷もなく浮いていました
ごめんなさい


だるまめだかが生まれた

水温が高くなり
メダカの活動が盛んになり
卵をどんどん産んでおり
稚児も孵化している

DSC00016.jpg

親
雄が雌の下をくるくる回ってプロポーズする
あまりしつこいと雌が雄を追っかけて噛み付く


卵520
下の緋メダカのように卵を産み
水草の根に産み付ける
親と一緒だと生まれた稚児はすぐ食べられるので
卵は摘まんで別容器に移す
親の水槽で孵化した稚児は即座に食べられる


DSC00032.jpg
水が汚れてくると親を
別の容器に移動する
網ですくわれ身の危険を感じると
めだかは即座に卵を網に産み付ける


稚児
水温が高いとどんどん孵化する


緋めだかめす2緋めだかめす1卵糸緋めだかの雌、卵を産んでいる
故意に布袋葵の根の間を通り
卵糸(矢印:卵同士を繋いでいる細い糸)を根にからみ付けて産み付ける


黒と緋のハーフ雄1
黒メダカと緋メダカのハーフの雄
雄は背びれの先が4つに割れており
腹びれが長くてでかい
黒いのは糞


だるまめだか1尾が大きく育った
だりま1だるま2だるま3だるま4
だるまめだかの雌
なぜか毎年1尾程度生まれるが
どうしても年を越さない

この雌に半だるまめだかの雄とで
卵を産ませてみよう


DSC00012.jpg
だるまめだかを温度変化の少ない石臼で育てて見る
とりあえず本だるまめだか雌1尾と半だるまのピンクめだか雌4尾と
半だるまめだか雄1尾とピンクめだか雄2尾、計8尾で繁殖させてみる

フィンガーボウル


伊勢志摩サミットが開催されるので思い出した

昔むかし
三重県の鳥羽市にある会社で頑張っていた
会社の組合の主催でテーブルマナー講習会が
賢島の高級ホテルで開かれた

7badd0565be6faf046d0fb439deeb489b0b87d65_47_1_26_2.jpg
名前が変わって、定かでないが
それが伊勢志摩サミットが開催されるホテルのようだ

料理はあまり記憶に残っていないが
アラブの王様がフィンガーボウルの水を飲んだので
エリザベス女王もフィンガーボウルの水を飲んだとの逸話は面白かった

その後フィンガーボウルを見たことがない


5140900.jpg
こんなピカピカでもなく



200px-1974_FancyBowl-FingerBowl_Masahiro-Mori[1]
こんな灰皿のようでもなく



images[5]
こんな形の
あまりワイングラスと区別がつきにくいグラスだった


何を食べたがあまり記憶にないが
フィンガーボウルが出るとなると
伊勢志摩だから
伊勢海老だろうか
それともフルーツ?

398とか498で海外旅行に行くとあまりいい思いはしないが
これと同じようにレベルが違うのだろうか


どんな料理でフィンガーボウルに会えるんだろう


ともあれサミットが無事に終わりますように!

小紋のような風景


こんな小紋のような模様があった(April 8)
落ち着いた静かな風景です

DSC09298.jpgノースポール


DSC09299.jpg姫うつぎ


DSC09305.jpgこれは隣の休耕田


DSC09306.jpg満天星つつじ


DSC09307.jpgおたふく南天


DSC09309.jpgむべ


DSC09311.jpgアシュガ


DSC09315.jpgDSC00034.jpg
オウゴン ホソバ マンネングサという苔
鉢に植え替えて見ました


DSC09316.jpg山椒


DSC09317.jpg錦木


DSC09318.jpgレモンバーム


DSC09328.jpg車輪梅


DSC09331.jpg金木犀


DSC09332.jpg南天


DSC09333.jpgラベンダー


DSC09335.jpgアイビー


豆蔦どこから来たのか豆蔦

地震は未科学?

5月1日(日)8:00~、TBSテレビの「サンデーモーニング」を見た

あるコメンテータの地震の話を要約すると

1 地震科学の使命は地震を予知することである

2 地震科学は阪神淡路、東日本、熊本と予知を失敗している

3 地震科学の位置付けは科学と非科学の中間の「未科学」である
  (科学になっていないということ)
  (未科学とは・・・・恐ろしいことですね)
  ・・・・・
  (結局あてにならないと言うこと?)
  ・・・・・
  (科学であることは間違いないと思うけどなー・・・・・)

※我が家は築40年を超えており
  我が家の設計者(一級建築士)に聞いてみると

  「新基準(昭和56年制定)以前の建物だから
  耐震構造で設計していないが
  土壁はバランスよく配置して設計した」

※一方、我が家がある山陽小野田市は
 東北の15km先まで活断層がきている
 西北の20km先まで活断層がきている
    (推定活断層も含む)
活断層

また、全壊時、1000万円の保証で
山口県の地震保険は年間9,500円で
一番安い県の一つだ、熊本県も同じだ
(ちなみに南海トラフで直に影響を受ける県は最高の2,5000円です)


”どうしたもんじゃろうかのー” 




プロムナードが出来た

ここ数年、バラの見学者が増えてきたので
数年がかりでバラ見物のプロムナードを造った


1 エコ竹の垣根
昨年エコ竹(塩ビ)の垣根を作った
裏木戸脇に風雨よけの枠を造った


2 裏からの入口
昨年、裏木戸への導入路の整備と階段を作った


2の1入口のアーチ
10年前に鉄筋でアーチを作った


4 階段と裏木戸と手すり
昨年、木戸の柱と扉を修理した
「年金通り」の皆さんも来られるので塩ビのパイプで手すりを作った

5 踏み石2
今年、踏み石を整備した


6 石のテーブル
御影石のテーブルを設置した
テーブルの右奥の白いバラは
アーチと同時に造った傘に誘引したもの


7 反対を見たところ
裏木戸と反対から見た図


8 奥の雨よけ
西奥の風雨よけの枠の取り付け


9 奥の植え込み
西奥で風雨よけの枠の中から
この枠は発表会に出品するときだけ
一週間前からビニールを覆う
年に一度だけ使うもの


全ての計画はババさん
運搬、組立、調整、修理はジジさん
まるで、くろねこヤマトの雄猫のようだ
images.jpg


芸は身を助くとあるが
芸は身を滅ぼすが世の常なり


薔薇が咲きました


ババさんのバラが
今年も咲き始めました
ちょっと小ぶりのようです
DSC09727.jpg


DSC09730.jpg


DSC09734.jpg


DSC09735.jpg


DSC09737.jpg


DSC09738.jpg


DSC09747.jpg


DSC09751.jpg


DSC09755.jpg


DSC09756.jpg


DSC09767.jpg


DSC09769.jpg


DSC09770.jpg


DSC09771.jpg


ばら513の1


ばら513の2


ばら513の3


ばら514の1


ばら514の2


ばら514の3


ばら514の4

お疲れ様でした
だらだらと多すぎました


ばら514の5


ばら514の6
メモを取りながら撮影しないと画像と名前が一致しない
庭とパソコンを何十回往復してもダメ



DSC09808.jpg


DSC09809.jpg


DSC09811.jpg


DSC09812.jpg


DSC09813.jpg


DSC09815.jpg


DSC09816.jpg


DSC09817.jpg


DSC09818.jpg


DSC09819.jpg


DSC09821.jpg


DSC09822.jpg


DSC09823.jpg


DSC09824.jpg


DSC09826.jpg


DSC09827.jpg


DSC09828.jpg

蘭が咲いていました

我が家の蘭はバラやクリスマスローズほど
面倒を見てもらえないようだ

DSC09760.jpg風蘭
右にはピンコロを祀ってあります


DSC09272.jpg春蘭
玄関前のメインは不調で
庭石の側に1株生えていました

DSC09484.jpg蔦葉海蘭
蘭と名が付いているが、にせもの


らん503の3鈴蘭
1株しか見当たりませんが
そそと咲いていました


鈴蘭絵手紙
昔は少なくとも3株は有ったようです


らん503の4紫蘭


シンビジュウムシンビジュウム
軒下にかろうじて咲いていました

DSC09528.jpgエビネラン
30年前にもらったものが咲いています

オセロの本を買った

子供の日に
小4の孫とオセロを打って
2回とも負けた
それも並みの負け方ではなかった
その時の気持ちを類語辞典で引くと

コテンパンに負けた

完膚無きまでに負けた

ノックアウトされた

赤子の手を捻るように負けた

ぺちゃんこに負けた

鎧袖一触で負かされた
  (がいしゅういっしょく:簡単に相手をやっつける様子)

一捻りにされた

叩きのめされた

ひねり潰された


のでオセロの本を買った
オセロの本


しかし簡単な定石はあるが
これといった特別な秘策は無かった
この子は強いのである!!!

プロフィール

くんざん

Author:くんざん
FC2ブログへようこそ!
 料理・水墨画・表装・DIYに挑戦しています。
山陽小野田市の旧跡を尋ねるウオーキングを始めました
傘寿を迎えてもうひと頑張り、♂です

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR