よもぎ餅を搗く

恒例のよもぎ餅を搗いた
桜が満開の竜王山でヨモギを撮った

DSC09191.jpg
花見を兼ねて蓬つみを
来年の正月分も摘んでおく
蒸して冷凍保存しておく

DSC09192.jpg
蓬はトゲがある野いちごのそばや

DSC09195.jpg
トゲのあるアザミの側にある

DSC09478.jpg
明日4月25日が餅つき、餅つき機、セイロ、もう餅米を水に漬けている

あんこを煮る
小豆を煮て

DSC09502.jpg
あんこを作り


DSC09504.jpg
餅を揉む場所を準備する
餅がくっつかないように餅とり粉、揉み台、もろ蓋などを準備する


DSC09500.jpg
搗いた餅を干す場所を準備する

DSC09505.jpg
餅つきの定番、ガスコンロ、セイロ、餅つき機

DSC09506.jpg
一晩着けたもち米はセイロで蒸す前に水を切っておく

DSC09507.jpg
蓬は冷凍庫から出し解凍しておく

DSC09509.jpg
餅米は1臼2.5kg、蓬は400g、塩25g入れて搗く
回転しているので取り出すのが大変
取り餅は熱くて大変
面の皮が厚くないとこの仕事はできない

DSC09510.jpg
もち米10kgで約300個、内あんこ餅100個が完成

味噌味雑煮
ババが作るのは味噌味

醤油味の雑煮
ジジが作るのは醤油味



DSC09596.jpg
鶏もも肉の醤油味すまし汁





スポンサーサイト

よく食べた 今日も筍

昨日も今日も筍料理
4月22日

今日も筍ご飯
今日も朝食は筍ご飯、筍と鶏の煮付け、筍の佃煮

DSC09474.jpg
夕食には筍の土佐煮


DSC09475.jpg
筍の佃煮を減らすために
朝は味の薄いお粥をつくった

木の芽和え7
和え物


向3軒両隣り、筍を持て余している
顔を合わすと筍いらんかねと言っている


まだ、天ぷらとか筍のごま味噌汁があったが
無事 食べ終わりました

めだかの日向ぼっこ

春分を1月過ぎてもまだ陽は南に傾いているので
水槽の北の壁に陽が当たる
メダカも北の壁に集まり
背中を南に向けて日向ぼっこ

2時~3時になると
陽が西に傾き
東の壁に集まる

比較的若いメダカが並んでいる

きっと就活や婚活をはじめ
熊本の早い復興を願っているだろう

日向ぼっこ
12時前後は北の壁で日向ぼっこ


DSC09464.jpg
陽が西に傾くと東の壁で


床の間の飾り

朝ドラ「あさがきた」の鶏と
前田青邨の「石橋」を並べて床に飾った
(いずれも再掲)

組み合わせが面白くて楽しいし
季節がないからかなり長く掛けられる
ルンルンで何度も眺めに行った

DSC09288.jpg

孫が来て床の間に泊まったら
絵が怖いと言って泣いたので
外した

地震 分からないのがが分かった


朝から晩まで
掘り炬燵に入って
エコノミー症候群になりそうなほど
テレビを見た
地震学者のコメントも聞いた
地震について少し分かった

政府・地震調査研究推進本部が
平成27年8月28日に発表した資料がある
それによると

布田川断層帯は
30年以内に
0%~0.9%の確率で
M7程度の地震が起きると発表している

日奈久断層帯は
30年以内に
0%~6%の確率で
M7程度の地震が起きると発表している

それが発表して8ケ月後の4月14日両断層帯にM7が発生しが
この推測が当たったのか外れたのかよく分からない

さらに、国を挙げての対策中の南海トラフは
30年以内に
M8以上の地震が70%の確率で起こると
発表されているのに
地震研究者以外の分からない者には混乱を起こすとして
これらの数値の公表は4月20に中止された

しかしこんなこともある
16年前の北海道の有珠山の噴火は
北海道大学の有珠山観測所が
144日以内に噴火すると発表して
143日目に噴火した
住民は全員避難をして死者は0

今回の地震やニュースで
地震は何時、どこで起こるか、大きいか小さいか全く分からない
ということが分かった
地震には理論で構築されたものがあると思っていたが
あまり無いことが分かった

分からないということが分かった薫さんの地震考でした  m(。-_-。)m

甲烏賊の木の芽味噌和え

4月12日に筍と甲烏賊をもらった

木の芽和え1
墨袋を破っちゃったぞ
裏表の薄皮をとり、表を鹿の子切りして
7mm角に切る


木の芽和え1その2
筍は直ぐにゆがいて


木の芽和え1その3
続いて土佐煮を作って
8mmのサイコロに切る


木の芽和え2
山椒の木は突然に枯れるから3箇所ぐらいに分けて植えておく
1週間前から使ってくれとせがんでいた


木の芽和え3
甲烏賊1杯で40枚使う
ちょっと多いかな30枚ぐらいがいいかな



木の芽和え4
木の芽30~40枚では香りは良いが色が薄いので
茹でたほうれん草をみじん切りにして木の芽と一緒に摺る


木の芽和え5
白玉味噌をつくる
白味噌100g、卵黄1個、酒100ml、砂糖15g、みりん15mlを湯煎して粘りを出す


木の芽和え6
筍と烏賊を加えて

木の芽和え7
完成です
3時間もかかってこれだけ


木の芽和え8
和え物はすぐ食べましょう、午後はお休み





春蘭

その道のプロの地震研究家が地震のメカニズムはよく分からないと言ってる

一方、原子力研究家が原子力発電所が活断層の直近に有っても絶対大丈夫だと言っている

DSC09267.jpg
大地に根を下ろしている春蘭やクリスマスローズは
困って下を向いている

DSC09272.jpg
春蘭は葉の流れが命だね


DSC01798.jpg
やっぱり本物と並べたら劣るなー


DSC09275.jpg


DSC09276.jpg


春蘭、中島千波
中島千波の春蘭 10号

早くなった地震への対応


千手観音様、薬師如来様
九州にご慈悲を!

1995年1月17日午前5時46分に阪神淡路大地震が起きた
薫さんは車で勤務先に向かっていた
しばらくしてカーラジオのNHKが速報した
職場に着くまで聞いていたがそんなに大災害とは聞き取れなかった
9時にテレビをみて心臓が止まるほど驚いた
高架は倒れ街中が燃えていた

救援道路の開通
自衛隊への要請
総理大臣の会見
全てが遅れていた

熊本地震は4回目で、その対応が早かった
消防、警察、行政の対応も早かった
なかでも自衛隊の参加が素早かった
総理の会見も早かった

大地震が4回起きてようやく素早い対応が出来るようになった


1995年 阪神淡路大地震  震度7  M7.3
 9年
2004年 新潟中越地震    震度7  M6.8
 7年
2011年 東日本大地震    震度7  M9.0
 5年
2016年 熊本地震       震度7  M6.4

この21年間で
平均7年の間隔で震度7の大地震が来ているよ
ウン?勘違い?
これらの地震は普通の地震で

これからやってくる巨大地震は別なのだ!
混同していないですか?

半熟卵の作り方

薫さんちの半熟卵

半熟卵を作るには
・沸騰した湯に5分30秒とか
・炊飯器の保温状態で15分とか
いろいろな方法があるが

殻をむく作業が大変難しく
温泉卵を期待するときは殆どが失敗する

「最初に殻を割って湯の中の小皿に落とす」だけ


最初から小皿を入れる
最初から小皿と水1リットルを入れ、沸騰させ、火を止める


半熟卵の作り方408
殻を割って湯の中の小皿にを落とす
10分待つだけ


半熟卵410
水を切ってそのまま出すだけ


レシピ
1 小さな鍋に小皿と1リットルの水をいれ沸騰させる
2 沸騰直後に火を止める
3 冷蔵庫から出した卵を割り、鍋の中の小皿に落とす
4 静かに待ち、10分で出来上がり
5 上から柔らかいシャワー状態の水を落して冷ます
6 小皿を取り出し、水を切り、そのまま出す

※慣れれば半熟の程度がおおまかに確認できるのが一番のいいところです

しかし、世の中は広いですね
ネットを開くと
卵を割って小皿に落とし、水を15ml、レンジで40秒というのがありました


卵かけご飯 4種

卵がコレステロールから解放されたので
最近多くの卵料理が発表されている

命のスープの大家の辰巳芳子までもが発表している

1 辰巳芳子の卵かけ
卵かけごはん4
土鍋が無いので、IHヒーターで小火でゆっくり加熱


卵かけごはん6
すみません、ちょっと火を通しすぎました

レシピ
卵4個、酒大さじ6、砂糖小さじ4、醤油小さじ3
全ての材料をよくかき混ぜる
土鍋に入れて中火にかける(IHで弱火でゆっくり)
1度だけ下から上に大きくかき混ぜる
熱々のご飯にかける

2 辰巳芳子の半熟卵かけ
半熟卵とバター - コピー
半熟の卵1個をごはんの上に置く
軽めのバター(?)を載せる
上等な薄口醤油を垂らす

半熟卵の作り方は次回、4月22日です  超簡単です


3 先に白身をご飯と混ぜる
卵かけごはん1
黄身を小皿にとり、白身だけをご飯と混ぜる

卵かけごはん2
後から黄身をのせ、混ぜる
醤油を垂らす



4 むかしの「味の素」のCMから
DSC09255.jpg
生卵を小鉢に落とし しっかり混ぜる
醤油を垂らす
「味の素」を2~3度振る
ご飯と混ぜる

熱々のご飯にパッとかける
卵かけはこれだね、薫さんのおすすめ





プロフィール

くんざん

Author:くんざん
FC2ブログへようこそ!
 料理・水墨画・表装・DIYに挑戦しています。
山陽小野田市の旧跡を尋ねるウオーキングを始めました
傘寿を迎えてもうひと頑張り、♂です

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR