FC2ブログ

ほっともっとが出来た

我が家のすぐ近くにスーパーや酒の量販店がある
さらに昨年の春に僅か30歩のところにコンビニのファミリーマートができたので
喜んでいたらこのコンビニの隣に弁当屋のホットモットが出来た

後は介護士がいればこの先安心だ

DSC08060.jpg



20160104ほっともっとができた

難聴は大変ですよ

難聴でこんなに苦労しています
聞こえるレベルは障害者手帳がもらえる71~75dbです
(健常な若者は10~15dbで聞こえ始めます)
(この数値上では1/5~1/10倍程度ですが、実際の差は1/1000倍の差があります)


補聴器です


DSC07840.jpg
耳の中に入れるタイプです
左から初代、2代目、現在使用中です
デジタルです
高いですよ、1個15万円から20万円します


kenkogoods-park_me147.jpg
耳掛け用です
これはあえてアナログの補聴器です、全ての音を拾います
5万円です
現在行方不明でメーカーの写真を使いました
これも対話の相手に見えるので、少し気を使ってくれます
右耳にも左耳にも使えますが、大きな音はさらに拡大されて飛び上がります


DSC07857.jpg
胸ポケットに入れます
性能は抜群ですが、調整がむつかしいです
衣擦れや風の音をよく拾います
会話する相手に分かりやすく、気を使ってくれます


DSC07843.jpg
補聴器の掃除道具です
耳垢などがすぐたまります


電話対応です
DSC07839.jpg
難聴対応用の本機です
かなりよく聞こえますが携帯からの電話は家内に代わる時があります
呼び出し音もだんだん大きくなり、屋外でも良く聞こえます
2~3万円高いですよ



DSC07858.jpg
難聴対応の子機ですかなり良く聞こえます
携帯からの電話は、対話が続きにくい
「すみませんもっとゆっくり」、「すみません別の言葉で行ってください」となる


DSC07859.jpg
側面に対応ボタンが付いています


DSC07860.jpg
普通の子機です
会話はかなり難しいです
携帯から掛かってきたものは音は聞こえるが内容が分かちません
通じるのは家内からの「ごはんですよ」だけです


テレビの音声を聞く

DSC07845.jpg
テレビの音量を大きくすると耳に入れた補聴器だけでなんとか聞けますが
健常者には大きすぎてトラブります
そこで補聴器を掛けた上にヘッドホーンを当てるのです
かなりよく聞こえます、朝ドラは3回視聴すると会話の90%がわかります
(ただし、BGMのないニュースは1回でほぼ内容が掴めます)
しかし、ヘッドホーンを当てると耳が汗をかきます、かゆいです
赤ん坊用の綿棒を使っています

ただ、この状態ですと、殆ど玄関チャイム、電話の呼び出し音はダメ
知人はチャイムを鳴らし、勝手口を勝手に開け、居間の障子を開け
テレビを見ているくんざんの肩を叩いて初めて「いらっしゃい」

朝ドラの「あさが来た」を食事をしながら見ていると
奥様が普通の声で話しかけています
くんざんはヘッドホーンを外して聞きます


DSC07851.jpg
コードが邪魔になるので上にあげて



DSC07852.jpg
天井を這わせ



DSC07850.jpg
テレビに繋ぎます


DSC07640.jpg
デジタルの補聴器の不思議です
テレビの中で「ピストルを撃つ音」のような高い音はかなり抑えてくれます

このテレビはヘッドホーンを差し込んでも周りの人にも聞こえるような機能を持っている
以前は定年前の販売員しか知らなかったが、今頃は殆どのテレビに付いています

文殊菩薩と弟子たち

現物が見たいとの声が有りましたので、様子が分かるように再掲
前回の「あさが来た」の椿も再掲してあります


版木の画像
版木はシナベニヤでほぼ550mm×600mm×厚さ6mmの大きさ
版木1
上から


版木2
掘った様子が分かりやすいように光を当てた


ほぼ実物大です
滲みやかすれが目立ってきます

実物1


実物2


実物3


NHKの朝ドラ「あさがきた」のタイトルバックを彫ったので
版画の箱を開けたら出てきた

山口県萩美術館浦上記念館に棟方志功の版画展を見に行きました
二菩薩と十大弟子の版画に圧倒され
挑戦した作品が出てきた        
     


文殊菩薩1
文殊菩薩、万物の知恵を司る菩薩</div>


文殊菩薩3
冨楼那弥多羅尼子(ふろなみたらしに)、釈迦の十大弟子の一人、教えを楽しく教える仏様


文殊菩薩2
魔訶迦旃延(まかかせんねん)、釈迦の十大弟子の一人、教えを分かりやすく教える仏様


DSC07694.jpg
二人を文殊菩薩の脇侍として彫りました、10号に取り組みました


菩薩
頑張って表装にもしていました
2014/4/27にも投稿しています


二菩薩1
二菩薩 2
棟方志功「二菩薩と十大弟子」の原図
棟方志功が世界に羽ばたいた作品

安いシナベニヤに掘ったのでケバ立ちが多く、不用意な墨の汚れが出た
原画のように黒いところは真っ黒に刷り込めなかった
二度刷りをしてみたり
紙を変えたり
少し湿らせたり
墨の濃度を変えてみたり
大変でした

この程度で許してやるか

あさが来た タイトルバック


版木の画像
版木の大きさほぼA3大×厚さ4mmのシナベニヤに2色とって裏表に彫り込み
下の細長い紙は「目安」
4色刷りだから4回同じ位置にする必要があり、紙の位置決め

版木3
萌黄色のバックと青色の格子


版木4
赤の花弁と緑の葉


昔の版画の年賀状をいじくっていたら
版画の血が騒いできた

NHKの朝ドラの「あさが来た」の版画調のタイトルバックが面白いので

版木4枚で取り組んだ
 萌黄色のバック
 紺色の格子
 濃緑色の葉
 茜色の花弁

紙は厚手の和紙を使って
2度刷り
バックの面積が大きく和紙が大きく伸びたので
目安(版木の位置決め)が決まりにくく
かなりずれて隙間や重なりが出来た

完成後色紙に貼り付けた

DSC07688.jpg


手作りのお正月

新年 明けましておめでとう御座います

旧年中は沢山のご訪問を頂き有難うございました

お陰さまで、この3月で丸2年を迎えようとしております

これも一重に皆様方のお陰と感謝しております

有り難く厚くお礼を申し上げます


本年もよろしくお願いいたします




我が家の手作りの正月を贈ります



DSC07540.jpg
色紙 水墨画


今年の年賀状です
28年賀状2_20151217_0001

手作りの正月飾り


門松

毎年寄せ植えの鉢を門松としている

毎年再利用できるエコな門松

しかし、ブログを始めてからだんだん派手になっている



DSC07807 - コピー

庭に万両と薮柑子があると金持ちになると言われている

縁起物の花木を植えると億万長者になるに違いないと

薮柑子
百両、千両、万両
松、竹、梅
万年青
南天
葉牡丹

欲張って10種も植えた

だから年末ジャンボを買うと当たると思った
それもストレートを買って10億を当てることにした

DSC07898.jpg
門まわりの門松になります
ちなみにバァバァに、この鉢の寄せ植えは
才能アリか凡人か才能ナシかと聞くと
「才能ナシ・・・・・・凡人か」


輪飾り
昨年は稲わらがなくてレモングラスで作った
今年は庚申様の申緒を作った残り物をいただいた

DSC07696.jpg
車庫でストーブを点けて作業の開始


DSC07697.jpg
「はかま」を取り、芯だけで作ります


DSC07708.jpg
玄関などの3個分です


DSC07881.jpg
左3個は玄関、勝手口、車庫用
中央上から神棚、台所の火の神、床の間の鏡餅用
右、玄関の左右の門松

稲わらは地元の庚申様の申緒の残りをもらった
裏白とゆずりはは、先日磨崖仏へのウオーキングの帰りで採取
松竹梅と夏みかんは我が家のもの
熨斗は祝儀袋から
一日仕事です


おせち
DSC07941.jpg
色合いが悪いので蟹の爪の力を借りました


DSC07950.jpg
手作りの茶掛け「七福神」、色紙掛け「申」、鏡餅

DSC07955.jpg
玄関には「春蘭」を飾りました

DSC07974.jpg
元旦の三種飾り
誰か、ハーブを添えたものがいる
雑煮はただ今煮ています


DSC07976.jpg
これにて手作りのお正月を終わります






プロフィール

くんざん

Author:くんざん
FC2ブログへようこそ!
 料理・水墨画・DIYに挑戦しています。
山陽小野田市の旧跡を尋ねるウオーキングを始めました
傘寿を迎えてもうひと頑張りです。米寿を目指しています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR