FC2ブログ

栗ご飯

美祢市西厚保の栗が届きました
我が家にも栗ご飯が出来ました
初物は東に向いて笑いました

DSC06965.jpg

アサギマダラが来た

一昨年は10月25日に一匹
昨年は10月15日に二匹
今年は10月5日に三匹来た
毎年10日ずつ遅れているのは何か意味があるのでしょうか


DSC06896.jpg
今年のアサキマダラは少し近くに寄っても逃げなかった
フジバカマが元気が良くて満開だったせいですか


DSC06899.jpg


DSC06900.jpg
緑鮮やかなカナブン


DSC06901.jpg
孔雀草をバックに


DSC06904.jpg
風が強いのに仲良く


DSC06916.jpg
逆光を浴びて

1
次の日(10月6日)にも来ました


2


6


7.jpg


8.jpg
この蝶さんは?

あさぎまだら12
この蝶さんは?
沢山来るようになったのはフジバカマの株が大きくなったのでしょう

花の蜜に集まる蝶々は動かないので撮りやすいです









洗面室の床の張替え

木造家屋の寿命は公称で30年

あちこち修理をすれば40~50年は持つが

40年を超えれば一斉に悲鳴を上げてくる

フローリングの上張りもこれで3箇所目

新築時は木材の高騰時期で
ベニヤが大量に市場に出た
質のいいのも悪いのも

水回りの洗面所にしてはよく持った方


DSC06836.jpg
床のベニヤが劣化している
既に一度補修のクッションフロアを貼った記憶がある

DSC06841.jpg
クッションフロアを剥いだ後の元の床
漂白剤をこぼした跡もある

DSC06837.jpg
洗面台を外したら冷水と並んで温水のパイプが出てきた
昔の「セントラルヒーティング」の名残が出てきた
ボイラーを焚いて温水を家中の各部屋をぐるぐると回していたシステム
温水は風呂、洗面、台所で使っていた
今は灯油⇒プロパン⇒都市ガスに変わっている


DSC06840.jpg
水を使う洗面台
外したらあちこちボロボロ
42年間よく持った、ご苦労様


DSC06843.jpg
古い床の上に新しい床を貼り付けるので
釘がタルキの上になるよう
直径2mmのキリで5~6箇所空けてタルキの位置を確認する


DSC06844.jpg
反って高くなった部分をノミやカンナで平らにする


DSC06845.jpg
上張りの完了
周囲を巾木で抑える
これからオイルステンを塗る
フローリング、釘、ボンド、巾木、直径50mmのキリ、しめて11,000円


DSC06849.jpg
腰にコルセットを巻いて
作業はテラスの上で
外なので蚊取り線香を3つあちこちにおいた

床の上張り時の「三種の神器」の一つ
直角定規
板を直角に切断するときに便利


DSC06852.jpg
神器その二は丸鋸
神器その三は直定規、長い直線を引く
また、板を長い直線に切る時に便利
丸鋸の左側のスライド面と丸刃との間隔は丁度100mm
従って切断したい線から100mm引いたところに直定規を固定すると
丸鋸を直定規に沿わせると綺麗な長い直線が切れる


2手先が読めないぞ

雀2
餌を撒いて雀の写真が撮れた


DSC06735.jpg
撮れた撮れたと喜んでいたら

DSC06834.jpg
カラスが来て雀を追っ払い
餌を独り占めしている
何時も楠にとまって様子を見ている
更に、メダカまで襲い始めた

DSC06828.jpg
風呂のフタで9割程度蓋をしている若いめだかには影響がなく
餌を撒いて7分も経過したら食べ尽くしているが


DSC06826.jpg
殆ど丸見えの親メダカはかなり食われたようだ
餌を撒いて7分も経っているのに全く食べていない、怯えて隠れている
いつもは水槽をコンコンと叩くと一斉に浮いてくるのに
餌をくれる人間までも恐れている

本来餌をやると可愛い小鳥だけが来るとは限らないのだ

本当に2手先が読めないよ

宝くじが当たったら
トランペットのようなレンズを買って
テントも買って
大きなポケットがたくさん付いた繋ぎを買って
コッフェルも買って
我が家から出て撮影しよう



門柱を食べる伊吹

伊吹は立木や垣根によく使われる
成長も遅く、虫も少なく庭木によく使われる
しかし葉が混みすぎて光が中にはいらないので
5センチも刈り込むと大きな穴が開く


18年目に門柱を建てる
18年前、プロにる工事完了の日
伊吹が門柱を食べ始める前の様子

1mほど川に出る
1mぐらいの若木をブロック塀から40cmも内側に植えているんだけど
40年後は、川に30cmもはみ出した


門柱の頭をかじっている
門柱を20cmも食いついている

6年前に設置
6年前においた灯篭も半分食われた

DSC06671.jpg
常夜灯は完全に食われた

このように食われないように
一生懸命に鋏で詰めているが
成長より剪定が負ける
一旦大穴を開けると
埋めるのに4~5年はかかる

やっぱ、生垣はかなり高価だが
槇の木が一番!!
最初ケチると30年後に
つけが回ってくる


自慢の生垣
側面を剪定鋏(片手)で仕上げているので
杉芽が殆ど出ていないのが自慢
上面は見えないので50cmノ剪定バリカンで仕上げている
8月の台風で川に出ている部分が垂れてしまった


プロフィール

くんざん

Author:くんざん
FC2ブログへようこそ!
 料理・水墨画・表装・DIYに挑戦しています。
山陽小野田市の旧跡を尋ねるウオーキングを始めました
傘寿を迎えてもうひと頑張り、♂です

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR