桜228 夜桜

「ブログ」のヒロちゃん7さんが桜さくらと急かしていますので

桜をUPします、その殆どが

現在の水墨画界を牽引される大竹卓さんの作品を臨模したものです

「夜桜」です、大きさは半切(大判紙の縦半分)です

前面に滲み止めをかけて、乾燥させて

グラジュエーションの墨を入れたあと奥の暗闇に浮かぶ花びらを描き

またグラジュエーションの墨を入れて、手前の花びらを描いています

枝がたらし込みでうまく表現できず、短調になっているのがチョット

しかし、この絵なら貰ってやると言って持って行った人がいるのが自慢です

130629市役所展示


スポンサーサイト

喜寿の祝い

昨年、高校の同期会で喜寿を祝い

今年は子供や孫たちが祝ってくれた

DSC04220.jpg

毎日新聞の「記念日新聞」も届いた
誕生、10歳、20歳、結婚、長男誕生、30歳、次男誕生、40歳、50歳、還暦、古希と昨年の喜寿の新聞が入っていた
ちなみに高校時代は「哀愁列車」や「お富さん」が20歳の時は「おーい中村君」が流行っていた
ブログ「nekoの日記帳」の愛ちゃんが太郎の嫁になった時は美空ひばりの柔のころです
DSC04223.jpg

もうちょっと長生きしたら、今度は孫たちがババロワを作ってくれるという
しかし、このまえ、リキュールのコアントロウが無くなった
一度に10カップ作るのにこのコアントロウ5ml使うので
350mlが無くなるのは70回作ったことになる
年をとるはずだ
今度は50~100mlを買わないと使い切れないぞ
150226コアントロウ350mlが無くなった





梅226

お早うございます

長々と梅を続けましたがこれが最後です

次は桜を上げたいと思います

ちょっと早いですか

泉尚志さん、たらし込みとカスレが魅力です

2月10日の梅と同じ画家です

これも紅梅ですね

白梅は背景を濃い色にしないと映えないので

ついつい紅を点したくなります

泉尚志

梅225

P3110013スケッチ

我が家の向かいに1個先輩のおじさんがいます

趣味の剪定がプロ並みで

特に梅の剪定は見事で

一枝ひと枝が絵になります

植木も吟味してあり深紅の梅です

スケッチをさせてもらいました

水墨画を始めた頃の作品です

裏打ちもしていないし

雅号もなくまだ薫のままです

しかし、絵になりやすい枝を選んで描いていますし

バラランスを取るために左下に蕾を2個書いているのもいじらしい

梅224 梅干の甘露煮

梅干しの甘露煮

DSC05872.jpg

梅は梅でも梅干の甘露煮

おせち料理です

城戸崎愛さんのレシピです
NHKの今日の料理の魁を務めた人
料理研究家の大御所です

おせちは味が濃く重たい中で

一際爽やかな味です

冷蔵庫の前でキョロキョロして

ぱっと口の中に入れて立ち去ります

おせちの中で一番早くなくなります

時には元旦を迎えない時があります

形に拘らなければ

フルコースの魚料理と肉料理の間に入れて

シャーベットの代わりのお口直しにして

梅干をホークとナイフで食べるのも面白いです

材料と作り方
①梅干12個を竹串で5~6箇所突いておく、ぬるま湯に浸してひと晩置いて塩抜きをする。
②鍋に水1カップ、砂糖150g入れて強火にかける、煮立って砂糖が溶けたら①の梅干の水気を切って入れる、弱火にして 10分煮る。煮汁に浸したまま冷まし、甘みを含ませる、出来れば一日置くと美味しくなる。
③梅干の汁気を切って器に盛り、氷砂糖を包丁で削るかおろし金でおろして梅干の上に散らす。


梅223

桜が得意な中島千波の

珍しい紅梅です

140109中島千波1

梅222

水墨画の巨匠の竹内栖鳳

紅梅は紅をさすだけで仕上がるので

巨匠でも紅が多い

梅19竹内栖鳳

梅212 紅白の梅 鶴太郎風

片岡鶴太郎風の梅

梅に限らず花の小枝を

鋏でチョンと切るときは

梅も椿も桜もみなこのような形になります

水墨画に描くときも生花で活けるときも

小枝をヒョイと人に渡す時も

皆、共通な形があるのでしょうか

120107紅梅


片岡鶴太郎風


旧正月のかき餅

旧正月を祝うことはありませんが

むかしの百姓のDNAが騒ぐのでしょうか

かき餅を搗いている

今年の旧正月は2月18日

格好を付けると、大晦日の2月17日に搗いたことになります

黒豆、昆布、和布、砂糖入を7臼搗きました

電子レンジで2度ばかり膨らませたあと油で揚げると柔らかいかき餅が出来ます

掘り炬燵の上に置いておくといつの間にかなくなります

孫3人が集まると瞬く間になくなります

DSC04166.jpg

策に切り分けます
DSC04202.jpg

ほぼ4mm厚さに切ります
約2000枚切ります、大仕事です
策の向こうに木を当てると綺麗に楽に切れます
缶ビールがかなりいります
DSC04201.jpg

乾燥させるところはいつも床の間です
築40年を超えるとあまり気になりません
DSC04207.jpg

梅219 前田青邨

前田青邨の絵は迫力が有りすぎて近寄りがたいです

臨模するも、いつも跳ね飛ばされています

それでも描きたくなります

梅前田青邨

プロフィール

くんざん

Author:くんざん
FC2ブログへようこそ!
 料理・水墨画・表装・DIYに挑戦しています。
山陽小野田市の旧跡を尋ねるウオーキングを始めました
傘寿を迎えてもうひと頑張り、♂です

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR