正月の準備 その8 おせち作り

孫たちが肉を本気で食べ始め出したので

ジジとババは松の内中残りのおせちばかりをの食べ通しになりますので

今年は三種飾りの数の子、黒豆、田作りと孫達へのババロワだけにしました

ババロワは31日に孫と一緒に作ることにしました

数の子12本、多分これも余るでしょう
DSC04014.jpg


黒豆
DSC04015.jpg


と釘
これくらい入れないと黒くならない
黒豆の釘


田作り風の「いりこナッツ」
枝元なほみさんと漫画家の西原理恵子さんが毎日新聞でおしゃべりしながらビールを片手に作っています
「おせちは飽きたから「いりこナッツ」にしよう」と言いながら
結局は、おせちをお酒のつまみにしちゃった
いりこナッツ

ブログ「nekoの日記帳」さんが過日「きりたんぽ鍋風」を作られたので続いてレシピを書きます
材料4人前
いりこ60g、アーモンド30g、バター10g、クミンシード小さじ1、サラダ油大さじ1、塩少々
作り方
①フライパンにサラダ油とクミンシードを入れて中火で熱し
②香りが立ったらいりこを入れて、弱火で3~4分煎る
③ナッツを加えたらとこ時混ぜ、
 温まったらバターを加えて混ぜ、塩で味を調える

むかしガキの頃、梅干の種の殻を割って食べた中身の味がします
孫は続けて手を出しませんが
奥様は美味しいという、私はテレビの漫才を見ながら小皿を空けました
朝の連ドラのまっさんが作るウイスキーが合うかも知れません
孫にはクミンシードより甘みを加え、カレー風味(小さじ1/2)の方がよいと思います

孫と一緒につくるババロワ
沢山の薀蓄を重ねます
先の香淳皇后陛下の還暦を祝う宮中晩餐会で出されたババロワのレシピです
宮内庁大膳課長の渡辺誠著「ロイヤルディナー」から見つけました
美味しくて、上品な甘さです
なにしろ、初めての人に出すとき「畏れ多くも先の・・・」と、この蘊蓄が話せるのが楽しみです
孫たちはジジの家に来ると真っ先に冷蔵庫でこれを探します

1 材料(10カップ分)
牛乳カップ2、板ゼラチン1枚1.5gのもの7枚、卵黄4個分、グラニュウー糖90g、生クリームカップ2、ミントの葉適宜
リキュウール(キルシュ小さじ1/2、コアントロウ小さじ1、グランマニエ小さじ1、マラスキーノ小さじ1)

2 作り方
①板ゼラチンは多めの水に浸し、寒天状になるまで戻してから水気を切っておく
②牛乳は総量の1/3~1/4を残し、鍋に入れ、砂糖を加えて火にかける
 沸騰したら、残りの牛乳に卵黄を入れよくかき混ぜたものを合わせ、再び軽く火にかける
③火からおろし、①のゼラチンを入れて混ぜる、鍋のそこを冷水に浸しゆっくりとかき混ぜながら、室温以下に冷やし、濾し器で濾す。
④ボウルに生クリームを入れ、底を氷水に当てながら半立ちになるまでよく泡立て、ここに③を合わせ、リキュールを入れた後再び泡立てる、だんだんに冷えてとろみがついてきたらカップに流し入れて完成です、冷蔵庫で冷やす
⑤容器をぬるま湯に漬けてさっと温め、カップから取り出し器に盛る、ミント、さくらんぼ、苺などで飾る
チョレートシロップで飾るのも楽しみ

小学校1年生と3年生です、泡立てや、冷やします
ブログ


こぼさずに上手にできました
ぶろぐ2


完成です
ぶろぐ3


是非とも得意のスイーツにしてください、ちょっとリキュールの小瓶が手に入りにくいかもしれません、間違えて720mlの容器で買うと死ぬまでありますよ









スポンサーサイト

正月の準備 その7 レモングラスで輪飾り

日本の食料自給率は40%を切っているのに

我が家の周りは休耕田ばかり

輪飾り用の稲藁が手に入らないので

奥様が作っているレモングラスで作ることにしました

玄関用ですが玄関に使うか勝手口に使うかちょっと迷っています
クリスマスのリースに似ていて、サンタが来るのではと
先日毎日新聞で紹介されたものです
正月用の吟醸酒についていた亀を借用しました
DSC04006.jpg


飾りがなくシンプルで本来の輪飾りです
レモングラスは長いので天に鋏を入れますので勢いや締りがありません
DSC04008.jpg


裾の袴の部分がシャキッとしませんが
一応門松です
この門松だけは稲の丈でないとごまかされません
DSC04009.jpg


床の間の鏡餅用です
これで鏡餅が引き締まります
DSC04010.jpg


神棚用とおくど様(今はIHヒーター)用です
DSC04007.jpg


公民館や郵便局の大きな門松の土台の高さも稲藁の丈で決まります
輪飾りも稲藁の袴のシャキッした強さや天を目指す穂先の強さを引き出していますが
レモングラスにはそれがありません
来年は早くから藁の手配が必要です
しかし、作業中レモンの香りがプンプンするのもいいかも








正月の準備 その6 餅搗き

あんこは奥様の担当です
DSC03973.jpg


DSC03994.jpg


朝から午後1時まで
29日に搗くと縁起が悪いそうで28に搗きました
DSC03991.jpg


大きい餅は床の間の鏡餅
小さい餅は神棚とおくど様、今ではIHヒータの上に
DSC03996.jpg


熱いのをよく揉みました
よもぎ餅も搗きました
DSC04005.jpg






毎日新聞 万能川柳入選 5回目

常連の宮本氏の作品はよく15席に掲載されている

前作品がこの15席に載ったので今回の作品になった

それにしても5ヶ月ぶりで、年を越すかと思いました

「ワッワッワ宮本の席に俺がいる」

正月の準備 その5 酒

正月に来客が有ろうがなかろうが

お酒だ

酒、ビール、焼酎に

景気づけにシャンパン女性用に甘口の白ワイン



近頃の若人は車で来るのでノンアルコールが

奥様が作ったローズマリー酒、ソーダ水で割りスライスレモンを、香りが抜群

毎日の最後の〆にウコン酒、整腸剤

お年賀用のお酒

酒の準備





正月の準備 その4 掃除

孫が来たのでいちご狩りに

山陽小野田市幡生の花の海に
DSC03920.jpg


お土産を買って
DSC03928.jpg



牛や山羊や兎に餌をやって
DSC03948.jpg



サンパークで騒がしい食事をして
籤をひいて
DSC03961.jpg


餅搗き道具一式を出して、これは奥様が出した
餅つきの道具



家で五目並べをして
将棋の山崩しをして
紙芝居を読んで
庭でキャッチボールをして
じゃがいもはんこの作り方を教えて
花の海で買った白菜を漬けて
白菜漬け


腰にコルセットを巻いて
庭の掃除をして
DSC03908.jpg


DSC03911.jpg


DSC03909.jpg


DSC03912.jpg



一杯飲んで寝ました





正月の準備 その3 床の間の色紙

玄関には前掲の雪南天を

床の間には干支の羊を描いた

これは4回り前、48年前に出した

版画の年賀状のデザインをのそのまま使ったものです

前年の10月に結婚して2ケ月後の作品です

新婚にしては落ち着いた絵ですね

DSC03903.jpg

正月の準備 その2

クリスマスの次は正月だからその準備を始めよう

その1はもち米の準備をしました

その2は門松飾りです、早く準備をしてもしっかり正月まで持つもんです

これは何時も門の傍に飾ってあります鉢物です

普段から南天・万年青・万両は植えてあるので

千両と花甘藍(今時はなんと呼ぶ?)を添えるだけです

それと、南天に赤い実がついていなければ添えます

皆、赤い実をつけているのを選びます

本来は松が主木ですが

普段は枝が伸びた松は似合わないので

正月は玄関だけに付けます

141224.jpg



冬至のゆず風呂

我が家にある柑橘類を風呂にさで込んだ

花柚子をはじめ

甘夏柑、みかん、伊予柑、レモン

あれ、金柑を忘れた

チョット入れ過ぎで、肌がチクチク

人影が無いので地味

だけど、ジジババを写しても・・・・

無病息災でありますように

冬至ゆず湯



冬至と南瓜

冬至だから南瓜の甘露煮を作った

無病息災でありますように

南瓜は固いので2つに割る時は

鯛の頭と同じように梨割がよい

包丁をしっかりとへたから突き刺ししっかり押し込んだ後に

手前に倒すと簡単に切れます

DSC03896.jpg



プロフィール

くんざん

Author:くんざん
FC2ブログへようこそ!
 料理・水墨画・表装・DIYに挑戦しています。
山陽小野田市の旧跡を尋ねるウオーキングを始めました
傘寿を迎えてもうひと頑張り、♂です

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR