FC2ブログ

遊水地

遊水地

100メートル四方の遊水地
海が満潮のとき雨が降ると民家や農地が浸水するので一時雨水を貯める池が遊水地である
3本の川が流れ込んでいる
そのうちの1本が我が家の前を流れている

20200522遊水地1

5~6月になると
10年前までは鮒が川幅一杯に上っていたが
20200522遊水地2

最近は鯉が上ってくる
20200522遊水地4

時にはイナ(ボラの小さいもの)
20200522遊水地8

夜には鰻が釣れる
20200522遊水地10

孫が滋賀県から遊びに来ると
軽トラに乗せて遊水地へ
鮒14尾、ブルーギル1尾、草亀1匹
30分で満足して帰る
20200522遊水地15


10年前に大雨が降り川が溢れ道路が冠水したので市役所に電話を入れた
30分後に車で様子を見に来た
15分後に川の水が音を立てて引き始めた

通常はバタフライ式の水門で
非常時には毎分220トンのポンプで排水する


以前から隣接する商業施設の重役や
町内の自治会役員と新年ふれあい会で顔を合わせるが
遊水地を駐車場にしたいとの声を聞くが

その都度遊水地の役割を説明している
能力が大きいポンプが有ると言うが
スイッチを入れるのは人間で間違いがある


自然とは
バタフライ式水門とポンプと人の目の3本立で対応しなければ
50年に一度は負ける


すぐそばに立派な緑地公園と遊歩道もあるし
釣り堀や
ボートにアベックを乗せろと言っている

スポンサーサイト



餌場の奪い合い

朝日が出始めたころには
DSC00005.jpg

既に餌場にはヒヨがいる
DSC00001.jpg

ヒヨが逃げると目白がくる
足場が悪いと食べにくい
飛びながら食べるのは失敗した
DSC00023.jpg

餌は足場がよいところから無くなる
DSC00039.jpg

上空の電線には雀が3羽待っている
DSC00044.jpg

地面に降りて待つ
DSC00064.jpg

屋根の上から待つ
DSC00080.jpg

ようやく雀の番になったが
あんまり食べない
どこか烏が睨んでいるのだろう
DSC00049.jpg
DSC00056.jpg

烏の気配がする
連写で撮るとこんな画像が撮れる
DSC00059.jpg
DSC00060.jpg
DSC00061.jpg

連写で撮ると音に気付きカメラ目線になる
DSC00125.jpg

ヒヨは食べもしないのに
これは俺の餌だから近づくなとうポーズ
DSC00146.jpg

ヒヨがいる真下でいなくなるのを待っている目白
DSC00153.jpg

何の鳥か分からないけれど
ここにもいる
ジョウビタキも来たが撮れなかった
DSC00227.jpg



餌場のすぐ近くで草取りをしていると
ヒヨがそこは餌場だから早くどけと
キェーキェーと30m離れたナンキンハゼにとまって1時間も鳴いている
20200225ヒヨが待っている

烏も人がいなくなるまで
屋根の上から監視している
時々餌場の上を低空飛行して威嚇する
DSC00100.jpg

餌場を中心に10m~30mの間で
鳥たちは皆んな隙あらばと狙っている


ここにも野良猫が
狙っているのか寝ているのか
冬の室外機はうんと冷たいはず
DSC00220.jpg


狙っているのか
20200229狙っている2


コリャ狙っていないよ
20200229狙っていない2

雨の日は鳥もお休み
20200304雨の日は鳥も出ない

ヒヨと目白

夏ミカンが熟れて甘くなると
目白やヒヨなどに餌場をつくる

すぐにヒヨが来る
連射の音でカメラ目線になる
DSC09865.jpg
DSC09875.jpg

ヒヨの留守を狙って目白がくる
DSC09954.jpg
DSC09917.jpg
DSC09916.jpg
DSC09928.jpg
DSC09969.jpg
15m離れて撮っている


目白がヒヨに追っかけられると椿の中に逃げるので
穴があちこちにできる
DSC00096.jpg
餌場の偵察は錦木の中から


コンデジで
逆光の南に向いて撮っている
外は寒いので家の中から・・・・・

ジョウビタキ

風がなく、晴天のときによく庭仕事をする
すると
ジョウビタキがよくやってきて
現場監督のように
前後左右、上から下まで
近くから、遠くから監視している


オーイと呼ぶと頭を大きく下げるから可愛い
多い時には3回も4回もお辞儀をする
DSC06153.jpg


DSC06155.jpg


DSC06156.jpg


DSC06157.jpg


DSC06160.jpg


DSC06166.jpg

DSC06164.jpg


DSC08982.jpg


DSC08983.jpg


DSC08986.jpg


DSC08990.jpg


DSC08991.jpg


DSC08995.jpg
ここでカメラの電池が切れた
古いカメラに取り換えてもまだいる


近くでも、よく背を向けて止まる
オーイと呼ぶと
DSC08996.jpg

ピョンと飛んでこちらを向く
DSC08999.jpg


近くにヒヨドリとスズメがいて
落ち着かない中でも傍に来ている
DSC08998.jpg


DSC09002.jpg


DSC09003.jpg

3日間も傍にいたので
くんざんのオッカケかと思ったが

DSC06178.jpg


3日間
クリスマスローズを鉢に移しているので

みみず、芋虫、ダンゴムシを食べに来たのだろう

出会いが悪かった

同じポーズでも
この猫の前にいる人は
日本画家の重鎮、竹内栖鳳であったので


立派で代表的な日本画に仕上げてくれたが
images[7]


男ちゃんの前にいる人は餌をくれるが
DSC06020.jpg

最近あまり創作意欲がありません
33猫絵手紙1 (2)


出会いが悪かったのだ


プロフィール

くんざん

Author:くんざん
FC2ブログへようこそ!
 料理・水墨画・表装・DIYに挑戦しています。
山陽小野田市の旧跡を尋ねるウオーキングを始めました
傘寿を迎えてもうひと頑張り、♂です

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR