蕨と筍をもらった


4月9日
嫁の実家から
わらびをもらった
DSC02997.jpg

お返しには
仕込んだ直後の味噌1樽を手土産に
これは春のやりとり

これも食べきれないので
あちこちおすそ分け




4月19日
大きな筍をもらった
DSC03125.jpg
靴と比べて
根っこの直径が20センチもあった

DSC03130.jpg
隣に1本持っていったら
いきなり「筍と烏賊の木の芽和え」をもらった

DSC03132.jpg
早速茹でて
大きな鍋を動員

DSC03145.jpg
佃煮をつくる
腕を振るって筍と烏賊の木の芽味噌和えを作ろうと
思ったが隣からもらったので
作りそびれた

主に佃煮になった



スポンサーサイト

ババさんが魚を捌きだした

これくらいなら私も捌けるといって
ババさんがスズキを捌いた

2セイゴ20180408
台所ではウロコが散るといって
外で捌いた

4セイゴ20180408
ウロコは翌日には
カラスが食べて無くなっていた

6セイゴ20180408
ババさんも海の近く生まれだから
綺麗にさばく

8セイゴ20180408
魚はジジさんが捌いていたので

10セイゴ20180408
早速腹身の刺身が夕食に

2スズキのホイル焼き20180409
スズキのホイル焼きギー風味



4月15日
Tさんから「ヒラスズキ」をいただいた
初めて聞く名前のスズキだ

2ヒラスズキ53センチ20180415
体長が50cmですがメタボのスズキ

6ヒラスズキ20180415
ババさんに任せた
このところ魚の捌きはババさんに取られた
名目はウロコが飛ぶとかで

8ヒラスズキ20180415
マコがあった
辛めの煮付けが美味しかった


くんざんは写真を撮るだけだったので
ちょっと寂しい

博多ラーメン

小学校からの幼馴染が
福岡で博多ラーメンを買ってきたから
一緒に食べようと二人に招待があった

DSC05234.jpg
細めで腰の強い麺でした
久しぶりにトンコツラーメンを食べた

DSC05236.jpg
美味しくいただきました

DSC05235.jpg
むかし
くんざんが仕上げた丸表装の軸を掛けて迎えてくれました
(本紙は当家の箪笥の中に有ったものでした)

話題は
今後の健康、墓、子供達、役に立たない家屋敷のことでした
少し重たい話のときはラーメンとよく合う

味噌 米麦麹の仕込み


米15kg
押し麦5kg
天塩5kg
味噌の出来合いが3斗

その1 米麹を仕込む

麹室を台所に持ってきた
2麹20180328
麹室システム17

おおよそ縦・横・奥行が1m
くんざん得意のDIYで作った

4味噌20180328
上 4段の麹箱
下 熱源のウォーマ-

6麹20180328
米と麦を蒸す

8味麹20180328
9麹20180328
大タライで30℃まで冷まして米・麦を混ぜる
続いて種麹を振りしっかり混ぜる

10麹
麹箱に入れ

12麹20180328
湿した晒しで覆う

14麹20180328
麹箱にいれ温度計のセンサーを埋め込む

16麹20180328
室温、湿度、箱の上部、加熱室、麹箱1階、麹箱3階の温度を測定する


麹の温度経過表2
この温度変化は本物の醸造所の麹室の温度変化です
麹室の中で作業をするので作業をしても温度は下がらないが
我が家では麹室の中では作業できないので
外に出すので温度が下がり2倍程度の時間がかかる

24麹20180330

18麹20180330
麹の温度が45℃になったら
一度取り出して均一になるように混ぜる
中仕事という
この時点で70~80%ハゼ(米に麹菌の胞子がつく)

再び箱に入れて麹室に戻す

再び45度になったら
たらいで小さく砕き
またまた、麹箱にいれ麹室に戻す
28麹20180330
熱源を止め
蓋を開放して、室温まで下げる
しっかりとハゼてくる
ハゼる時には水分を放出する
天井には雫がついている
明日まで放置する

29の1麹20180331
室温になるまでしっかりとハゼる
最終的なハゼぐあい

29の2麹20180331
米麦麹の完成

続いて塩、豆を加えて味噌に変身させる



その2 味噌の仕込み

45の120180331
味噌に入れる塩は天塩


豆は一晩水に漬けておく
32豆20180331
34豆20180331
圧力釜で煮る

36豆20180331
フードプロセッサーで砕く

38味噌20180331
米麦麹と塩を混ぜ合わせる

40味噌2018031
くだいた豆を加えしっかり混ぜる


42味噌20180331
味噌団子をつくり容器に投げ込む

44味噌20180331
表面に容器ごと50gの天塩を振る

45塩20180331
46味噌20180331
48味噌20180331
容器ごとに精製塩を2kgを袋に詰めて、重しにする

50味噌20180331
冷暗所に置く
9月には
約400円/kgで無添加の美味しい味噌ができる

昔は350円/kgだったが
豆を始めいろいろ高くなった

しじみ狩り

3月17日のこと
春の大潮です
たまには外に出かけます

2しじみ20180317
宇部市の厚東川です
春の大潮というのに誰もおりません

12しじみ20180317
ババさんは貝掘りを忘れました
土手に流れ着いたおもちゃで掘ります
15分掘って2個獲っていました


くんざん流のしじみの掘り方
4しじみ20180317
潮が引いて流れており、水深10cmの川の中
レーキで川底を1m手前に引く
4~5回繰り返すと

6しじみ20180317
汚れが流され浮いたしじみが見つかるよ

8しじみ20180317
腰をかがめるのがきつくて
目の大きな網ですくい取る
小石や貝殻が一緒に入るので

10しじみ20180317
貝掘りを忘れたババさんにまかせて選別してもらう
シジミが思いのほか少ないので1時間で帰った

厚東川のしじみもぼちぼち終わりかな
水がぬるむころもう一度かな

DSC05182.jpg
400gの収穫、朝の味噌汁2回分
1%の塩水(1リットルの水に小さじ2の塩)をつくり
暗所で砂などを7時間吐かす

DSC05183.jpg
気持ちよく潮を吹き砂やごみを吐いている

DSC05184.jpg
砂を吐かせたらザルに上げ
4時間置くと美味しくなる

ジプロックに入れ冷凍庫にいれると
さらに美味しくなる


ババさんが「おーいカメラカメラ 蕗の薹がでてる」
DSC02754.jpg
ジジ「ちょっと早い、少し花をつけてから」
ババ「花が咲くと苦くなる」
ジジ「蕗の薹はもともと苦い」
・・・・

DSC02767.jpg
結局、その晩天ぷらと味噌汁に

しじみの味噌汁は朝の一口が最高

プロフィール

くんざん

Author:くんざん
FC2ブログへようこそ!
 料理・水墨画・表装・DIYに挑戦しています。
山陽小野田市の旧跡を尋ねるウオーキングを始めました
傘寿を迎えてもうひと頑張り、♂です

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR