県庁所在地の山口に

久しぶりに県庁所在地の山口に行った
車で行きたかったが雨が降ったのでJRで出かけた

山陽本線1
電車のドア開閉のボタンを押してみたかったので
外のボタンを押して車内に入った
これで都会人になった
昨日見た関口知宏のヨーヨッパ鉄道旅で、イギリスの電車にも付いていた
これで国際人になった

ドア開閉ボタン2
車内に入って内から「しめる」を押して側の椅子に座った
待ち時間が24分もあり
乗車した人が割と閉めるのを忘れるので
ドアマンになった

小野田駅から新山口駅まで29km
新山口駅から山口まで14km
合計43km
いやしくも県庁所在地に行くのに1時間15分も掛かった
時速34kmだ
おまけに単線だ
古都を味わえということだ

昼飯を山口駅構内の「味一やまぐち」に入った
肉そばを食べた、美味しかった
久しぶりに汁まで飲み干した

DSC02813.jpg
5~6尾のめだかが冬眠から覚めたようだ

予約投稿した後
電車の外と中からこのボタンを撮影したが
松本伊代と早見優のように鉄道営業法違反
大丈夫かな
駅に聞いたら人が映っていなかったらOKとのことでした

スポンサーサイト

金婚旅行に行ってきました

金婚旅行に行ってきました

幼友達のカッチャン夫妻と一緒に行きました

DSC02188.jpg
早速西本願寺にお参りして


IMG_20161129_133314.jpg
紅葉の永観堂から


IMG_20161129_142251.jpg
南禅寺を散策して

IMG_20161129_155524.jpg
ウエスチン都ホテル京都に入りました

IMG_20161129_184145.jpg
昔の都ホテルで食事しました
(フルコースの写真は次回掲載します)

IMG_20161129_191015.jpg
金婚を祝って貰った
夫婦の皿、それぞれに25回の祝いと書いてあった
25+25=50とか

都ホテルでの食事
記念にシェフのサインを貰った
谷口竜平さん37歳、伊勢志摩サミットの一翼を担ったシェフ
国産牛フィレ肉のロースト「エリザベス風」とは
昭和50年、女王の来日時ゆかりのレシピ風とか

IMG_20161129_194349.jpg
シェフさんにも祝っていただいた

DSC02202.jpg
あくる日は伏見稲荷の千本鳥居に

DSC02205.jpg
幼友達のカッチャン夫婦と一緒の金婚旅行でした
小学校、中学校、高等学校と一緒で
おまけに山口大学医学部附属病院に入学したのも同年同月で
 カテーテルのスタンドを片手で転がしながら「生きてるか!」と
 病病見舞いをしました、同年一緒に生きて卒業できました
お二人は昨年が「きんこん」でした
1年余分の点点(”)をつけて「ぎんこん」をしてもらいました

DSC02207.jpg
地元の小学生が旅行の目的を調査していた
ババさんが答えた
「喧嘩をしたり仲良くなったりしながら
結婚生活を50年も辛抱して来たご褒美の旅行です」
と小学生に希望を持たせて答えていた

DSC02208.jpg
伏見の月桂冠大倉記念館を見学

DSC02210.jpg
キザクラカッパカントリー酒場で食事し

清水崑
清水崑や小島功のカッパに会ってきました


白馬八方尾根スキー場

sukunahikonaさんのブログ「音・風・水」の氷瀑を見て、また、思い出しました
横谷渓谷からさらに北へ80~100kmの白馬

若いころ
スキー体験2度目で白馬八方尾根スキー場の頂上に登った


pkup_201411_01.jpg
12642854_1074606919258478_3059364856561814714_n.jpg
写真はホームページからお借りしました


恐れを知らず、リフトを3回乗り換えて頂上まで登ってしまった
怖くて下が見れなかった
また、リフトで降りようと思ったが
白馬まで来てそれはないだろうと決めた

当時オリンピックや映画で有名なトニーライザーが
このゲレンデ3本を、3分で滑り降りた

左横に滑ってドテン
右横にに滑ってドテン
2時間かかって降りた
満身創痍で宿についた

もう二度とスキーはやらんと思ったが

しかし、なぜか、子供達を鳥取県の大山桝水高原スキー場や
山口県の船平山スキー場に連れて行っている

そして子供達はこの冬、孫達を何度もスキーに連れて行っている

なんでも経験してみるもんだ

御在所岳で初スキー

ブログ「音・風・水」さんの冬山を見て思い出しました

昭和の36~37年頃の鳥羽市
初めてスキーで御在所岳に登った

道具はスポーツ店で借りた
靴はゴム製
板はエッジがなく丸く摩耗していた

足が靴の中で左右に動くだけで
ボーゲンの形をとっても曲がらない

仕方なく吹溜まりの窪みで
真っ直ぐに雪に突っ込んで転ぶばかりです

ところで昔の缶ビールの開け方を知っていますか
今のようにプルタブではありません

缶切りがいる缶ビール
写真のように
三角形の穴を2箇所開けて飲むのです


imagesVADG28GE.jpg
栓抜きというより缶切りで開けます

滑っても曲がらないし楽しみはビールだけです

缶ビールはしこたま背中に詰めていたが
缶切りを忘れた

仕方がないのでストックの先で突いた
吹き溜りで缶ビールは70センチも下で
シューシューといっていた

手が届いた時は1/3になっていた
悔しいことこの上ない
しかし、美味しかった

青春時代で最も悔しい出来事でした




河童の箸置き

いつも使っている大好きな箸置きです
平成21年6月に買いました


DSC07644.jpg
清水崑の河童の箸置きです

DSC07495.jpg
料理の写真にこの箸置きをよく使っています
この河童の箸置きの出処は


DSC01497.jpg
知人の3家族と奈良を歩きました
夕方になると当然尋ねるところは決まっています
黄桜カッパカントリーです


DSC01504.jpg
直営酒蔵のあじさいで一杯いや二杯

DSC01498.jpg
ギャラリーで清水崑のカッパを


DSC01502.jpg
カッパの家族をパチリ


DSC01508.jpg
お開きです
河童の箸置きはお土産に買って帰りました

プロフィール

くんざん

Author:くんざん
FC2ブログへようこそ!
 料理・水墨画・表装・DIYに挑戦しています。
山陽小野田市の旧跡を尋ねるウオーキングを始めました
傘寿を迎えてもうひと頑張り、♂です

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR