寿命


天地創造の神が人を造った
しばらくして歯の負担が大きすぎて寿命とのバランスが悪いことがわかった

そこで神は
歯の寿命を人の寿命の半分にすることにした
従って乳歯が抜けた年の倍がその人の寿命となる
だから原始人の寿命は20~25歳であった

DSC02966.jpg

ところが、人間は物凄い栄養を摂り
医学を進歩させ
寿命を80~85歳に伸ばしたが

歯科医は簡単な義歯ばかりに力を入れ
乳歯が40~45歳で抜けるような研究を怠って来た

と孫の歯を見て思った

しかしこの研究が成功すると
全国の歯科医院は殆ど潰れることになるので
日本歯科医学会ではこの問題を研究することがタブーになっているとか

なんだか
謎さんのブログ「超怖い話」に似てきたぞ
スポンサーサイト

禁煙だるま

だるまの使い方は沢山ある

18赤ペンキを塗って文字と模様を書くと完成正面
最も一般的な合格祈願

DSC02770[1]
さらに還暦に始まって
古希
喜寿
傘寿と祈願が出来る

DSC02772.jpg
身の回りにいる知人には
米寿がある
白寿はちょっと欲張りすぎ

人生で何度か患う病の
快気を祈られる時もある

これらはみな周囲の人から祈願されるものである


しかし自分で祈願し努力し達成出来るものがある
自分の意思でしかできないもの
禁煙

禁煙の方法は沢山ある
(その1)シュルツの自己催眠法で瞑想状態を作り禁煙に進む方法がある
(その2)ニコレットという禁煙補助剤を使う

これでも自信のない人は

禁煙達磨
(その3)禁煙だるまはどうだ!

それでもダメなら三つを併用する

DSC00268.jpgDSC00267.jpg

居間の小タンスの上やテレビの横に置いて
そばを通るたびに
タバコを止める、煙草を止めると唱えながら
転がしたらどうだ
素晴らしい成果が自分の手で掴み取れると

くんざんは確信している
ちなみにくんざんは禁煙18年


40年も吸っていたのによく生きているよ

楠の剪定


楠木
長男の小学校入学記念樹として市教育委員会からもらった
おおよそ50年になる
本来これだけ大きくなるならば庭の真ん中に植えるべきであったが
先を考えずに擁壁から1mのところに植えた

大きくなりすぎ
葉が隣の南隣の田圃や東隣の民家に落ちるので
5~6年にごとに枝を落とす
夏、楠木の下の涼しさは一品だが
冬、南からの明るさを遮る

DSC00202.jpg
選定は高い場所なのでプロに頼んだ

DSC00205.jpg
折しも大雪になった

DSC00206.jpg
よく見ると楠の下、直径7~8mは何も生えていない
皆枯れてしまったたのだ
いくら山陽小野田市の木だといえ大きくなりすぎて記念樹にはそぐわない
楠を植えるならば直径7~8mの空き地が必要だ

DSC09150.jpg
楠が大きくなるのが分かるまで3年かかった

3年後次男が小学校に入学したときの記念樹はこれ
山茶花
上は一度枯れて二代目
46~7年もの、上は細いが根っこは20cmある

DSC00239.jpg
主木の松も楠木の日陰になるので日差しを求めて北側に傾いている

DSC00223.jpg
居間が物凄く明るくなった
でも夏は暑くなるかもしれない

加齢臭なんて名前をつけて


花の香りは洗剤や石鹸からくる
あの強い香りではありません

ババさんのバラが庭中満開の時でも
1本の夜香木の香りでかき消される
爽やかな夏みかんの花の香りですら
バラの花の香りを消してしまう

ジジさんは脂性ではありません
汗をかいたら自分で風呂を沸かして入っている

肌着は毎日替えているし、いや脱がされている
歯槽膿漏もないし、いやちょっとある
にんにくは食べないし
タバコも吸わないし
タバコを吸いたての若者が側を通ると今吸ったなとわかるし

庭の雑草の香りもわかる
3食は一汁一菜~二菜で静かな食事をしている
どこから匂いが出るのか

脱いだ下着やパジャマはそのまま洗濯機へ
家中ラベンダーやどくだみがやたらと吊るされている

「加齢臭」という言葉は気に食わない
老人臭なら多少わかるが
加齢臭と名付けるのはやりすぎだ
石鹸はおろか洗剤まで香料を入れいる
衣服まで香料を含ませている
仕事中の円管服(つなぎ)からも香りがするが
仕事中は汗の臭いの方が馬力が出る

女も男も強烈な香りに包まれ
発情臭まで殺してしまい
メスやオスの匂いがしない

昔から化学物質は体に入れるなと言われている
DNAを次に受け継ぐ若者が香料の世界の中にいるようだ

昔のように清潔さを連想させる固形石鹸の香りが好きだ


むかし、神様が発情期の回数を決めるために動物を集めた
初めに元気のいいねずみが前に出た
ねずみ:「神様、何回頂けるのでしょうか」
神様:「お前は、年に12回だ」
続いて牛が
牛:「何回頂けるのでしょうか
神様:「お前は、年に2回だ」
牛:なにィ、あんな小さいねずみが12回で、なんで俺が2回だ?
 と暴れて神様の衣を汚した
機嫌の悪い神の前に恐る恐る出た人間は
人間:「あのー 何回頂けるのでしょか」
神様:「勝手にせい!」

幸運にも「年中発情期」になったのだから
大事にしなければ






煎じ薬

誰も信じない
それは明治生まれがすることだから
しかし、ジイジイは昭和の生まれ

春になると
薬草を摘む

DSC09191.jpg
桜を観るついでにヨモギを摘む

DSC09285.jpg
左から蓬、どくだみ、杉菜

DSC09281.jpg
蓬を干す


DSC09286.jpg
杉菜を干す
土筆と杉菜は同じもの
土筆が花、杉菜は葉に相当


DSC09327.jpg
どくだみを干す


DSC09465.jpg
しっかり乾燥させて保存する
ティーバッグに入れて煎じて飲む

膝痛、腰痛に効く
ただし、蓬、杉菜、ドクダミはいずれも顕著な利尿作用があるハーブだから
その副作用は大きい
一日中トイレばかり
水の音を聞く、水の流れを見ると間髪を入れずトイレに
それでも飲む
「痛み」よりはマシだから

信じる?
信じない?
笑う?

プロフィール

くんざん

Author:くんざん
FC2ブログへようこそ!
 料理・水墨画・表装・DIYに挑戦しています。
山陽小野田市の旧跡を尋ねるウオーキングを始めました
傘寿を迎えてもうひと頑張り、♂です

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR