花が一杯

DSC00418.jpg
我が家のシンボル

DSC00505.jpg
エビネ蘭

DSC00511.jpg
クリスマスローズとシラー

DSC00524.jpg
149タイム ロンギカウリス

DSC00528.jpg
タイム 上に同じ

DSC00525.jpg
フレンチタイム

DSC00529.jpg
山吹

DSC00530.jpg
空木

DSC00531.jpg
平戸つつじ

DSC00532.jpg
ばら ミニワンダー

DSC00533 - コピー
ビオラ

DSC00534 - コピー
姫空木

DSC00537 - コピー
鉢植えの椿、まだ咲いている

DSC00543.jpg
鈴蘭 細々と2株

DSC00582.jpg
平戸つつじ

DSC03234.jpg
利休梅

花がいっぱい2
ぼたん

花が一杯1
ばら レッドヒロシマ

DSC03427.jpg
白露錦

DSC03428.jpg
ノースポール
バラにはものすごい量の肥料が埋め込んであるので
そのそばに植えた花の成長はものすごい

DSC03432.jpg
これもバラのそば

DSC03431.jpg
むべの花

DSC03433.jpg
白雪げし

花は、椿・タイムを除きババさんの作品です








スポンサーサイト

クリスマスローズで孫基金

孫5人も大きくなった
ババロワでは動かなくなうだろう
そこで、くんざんの酒代が圧迫されないように
クリスマスローズを鉢物に育て
フリーマーケットで販売して
孫基金を作ろうと考えた

DSC00199.jpg
DSC00200.jpg
2月24日、丸2年の春を迎えた

DSC03218.jpg
DSC03217.jpg
4月12日、わずか2ケ月足らずで大きくなった
来年の早春には花が咲く
鉢が小さくなり移植することにした

DSC03219.jpg
DSC03220.jpg
ネットを敷き
石ころを置き

DSC03229.jpg
移植した
フリーマーケットに2回程度か


さらに
DSC03309.jpg
DSC03310.jpg
昨年こぼれた種が実生の芽を出した


DSC03311.jpg
白と紫の混在しているので
色は確定しにく
2年後の開花を見無ければわからない

DSC03308.jpg
DSC03334.jpg
2年後が楽しみ

とらぬ狸の皮算用?

これでしっかり酒が飲めるぞ♫


椿が終わります

今年も何とか咲きました

DSC00418.jpg

我が家では一番遅く咲きます

DSC03150.jpg
上の写真のこの椿は10個に1つぐらいしかポトリとは落ません
9個はなぜか花びら1枚ずつ散ります
椿でしょうか?

DSC02229.jpg
色紙 大島祥丘の紅白椿を臨模

DSC03146.jpg
垣根の葉陰の花

DSC03143.jpg
垣根としていつも刈り込んでいるので殆ど花を付けません

DSC03139.jpg
この白椿は寿命が長いがぽつりぽつりとしか咲かない

140313白椿
色紙 大島祥丘の紅白椿を臨模
気に入った色紙です
何回も登場しています

柿の接穂


楠木と夏みかんの日陰で元気がなくなった柿の木を2年前に切った
その株から小枝が3本出ていたので
柿の接穂をしてみた
接穂は甘柿の大柿
接穂を新聞紙に包み水を入れて3週間冷蔵庫に入れていた

DSC02868.jpg
徒長枝を切る

DSC02869.jpg
切込は内側の方に入れる

DSC02870.jpg
接穂を両側からそぎ切る

DSC02871.jpg
台木に差し込む

DSC02872.jpg
接木テープを巻く

DSC02873.jpg
ビニールテープでしっかり巻いて完了

DSC02875.jpg
隣の台木を切る

DSC02876.jpg
台木に切り込みを入れて
接穂を両側からそぎ切る

DSC02878.jpg
台木に差し込み
接木テープを巻き
ビニールテープを巻く

DSC02880.jpg
1本

DSC02881.jpg
2本
台木が細いが3本接穂した
うまくいきますように、アッ アッ パン パン

その後のクリスマスローズ

我が家の半日陰あるところにはクリスマスローズが咲いている

DSC02842.jpg
山茶花の下でヒョロヒョロと
真下のここはちょっと日差しが少ない

DSC02843.jpg
柊の西側の下、ここはよく育っている
白は太陽に背を向けているのが多いようだ

DSC02844.jpg
柊の南側下
紫は日差しに向いている株が多い

DSC02846.jpg
夏みかんの木の下
3年前は
最初の画像こうだったのに
3年前はこうだった
ババさんが株分けし
我が家のあちこちに植え付けた

DSC02849.jpg
小さな株があちこち

DSC02850.jpg
山茶花の西側下で雑草と一緒に

DSC02851.jpg
満天星の真下で寂しく

DSC02852.jpg
マサキの垣根のそばで

DSC02854.jpg
柿の木下、柿の実を取るときに踏まれて、息絶え絶え

DSC02855.jpg
外壁のそばで

DSC02856.jpg
小分けされた株

DSC02857.jpg
小分けされた株
来年か再来年には大きくなるか

DSC02858.jpg
マサキの垣根のした

DSC02860.jpg
母屋の北側、庭石の間でぎゅうぎゅう詰め

DSC02861.jpg
母屋の北側、南天の下

DSC02863.jpg
母屋の北側、山茶花の下、かろうじて花をつけている

DSC02864.jpg
母屋の北側、金木犀の下、石のそばで

DSC02866.jpg
竹の北側下、これは可哀想

クリスマスローズは半日陰や木漏れ日が必要と言われている
あまり石のそばや木の根っこでは
大きな叢(ムラ、くさむらのような一群)にならない

種の採取
その後12の2
5~6月から花に茶袋(ティーバッグ)を被せる
種の保存はなかなかうるさいので付けたままにしておく

袋に採った種
9~10月に蒔く、年が明けた3月には双葉が出る
しかしこの方法はどんなに多くの双葉が出ても1種類です

手間をかけない栽培
クリスマスローズの花が咲き始めると葉の下には
双葉
昨年の花から落ちた種が可愛い双葉をうじゃうじゃだしている
花の色を見ながら沢山の株から採取する

DSC02956.jpg
この1年生の苗を取り敢えず移植した

DSC00199.jpg
これは2年生の苗
順調であれば来年は咲く

2~3年先の庭が見頃かも知れない


プロフィール

くんざん

Author:くんざん
FC2ブログへようこそ!
 料理・水墨画・表装・DIYに挑戦しています。
山陽小野田市の旧跡を尋ねるウオーキングを始めました
傘寿を迎えてもうひと頑張り、♂です

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR