FC2ブログ

彼岸花の葉

秋になると彼岸花はよく見るが

20190929彼岸花


花が枯れた後は誰も見てくれないが
下から葉が出始めている
DSC08027.jpg


力強い葉が沢山でる
20191120彼岸花の葉

これが彼岸花の葉
春先には葉も枯れて
秋まで何にも無い、痕跡もない。


スポンサーサイト



ショートカット

平成26年に湾岸道路と有帆川大橋が完成した

20150824103029c38[1]
DSC00375[1]

メイン道路に渋滞がはじまり
家の前の通学路の4m道路まで車が通りだし
我が家のモコを出しにくくなった
DSC04204[1]

見通しが良くなるように剪定したが
DSC04219[1]

最近はさらに増え、出しにくくなったので
思い切ってショートヘヤにした
DSC08409.jpg


3年前までこんなに垂らしていたのに
残念だが年と車には勝てない
201705071100173e3[1]

出会いが悪かった

同じポーズでも
この猫の前にいる人は
日本画家の重鎮、竹内栖鳳であったので


立派で代表的な日本画に仕上げてくれたが
images[7]


男ちゃんの前にいる人は餌をくれるが
DSC06020.jpg

最近あまり創作意欲がありません
33猫絵手紙1 (2)


出会いが悪かったのだ


木守柿

最近は美味しい柿がいっぱい残っている


我が家の大きな渋柿
干し柿にしてホタホタになると幸せに感じるほど美味しい
今年は15個しかならなかったが
木守柿として1個残している
DSC08700.jpg

我が家から70mの家
50年前からなっている、キネリであるが
道路の側なのでカラスも食べない
DSC08699.jpg

我が家から3軒目
渋柿、例年は干し柿にされているが
今年はもがれない
DSC08682.jpg


150m近くの家、空家
結構美味しい
最近、誰かが手の届くところを皆もいでいる
DSC08685.jpg

まだ10個ぐらい残っているが
多分烏の餌だろう
DSC08683.jpg

隣の空家の柿
主とは毎日のように会うので
「食べごろ」と伝えても無くならないので
生垣の剪定しながら頂いている
DSC08701.jpg

美味しいのに
もったいないな


襖と障子はり

階段下の1枚物の襖を張り替えた

随分と古い図柄があった
DSC08508.jpg

古い表を剥いで新しい表に変えた
DSC08512.jpg


障子貼り

プラスチック障子紙を両面テープで貼り付けるタイプ
霧吹きでシワが少し取れるが
この障子紙は手ではちぎれないほど強い
DSC08517.jpg

両面テープは接着力が強いので
貼った後、紙を引っ張ってしわを無くすことができない
角はシワが出来やすいので二人で貼るのが無難
DSC08518.jpg

障子紙をカットするのはこの道具「ステンレス地ベラ」が最高
DSC08520.jpg



糊で貼り付ける普通の障子紙

1枚物の障子紙は動かないように重しを置いて
周りを「ステンレス地ベラ」でカットして
そのまま手前から3回に分けて貼り付ける
DSC08521.jpg


最近の障子紙はプラスチックが重ねてあるので強い
貼り付けた直後でも引っ張ってしわを取ることができる
霧を吹いた状態
DSC08522.jpg


この作業台は

水墨画や

表装をしてきたが

そろそろ分解だ

プロフィール

くんざん

Author:くんざん
FC2ブログへようこそ!
 料理・水墨画・表装・DIYに挑戦しています。
山陽小野田市の旧跡を尋ねるウオーキングを始めました
傘寿を迎えてもうひと頑張り、♂です

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR